«前の日記(2003-06-11) 最新 次の日記(2003-06-13)» 編集

Matzにっき


2003-06-12 [長年日記]

_ [Linux] mozilla-firebird

今までMozillaを使っていましたが、今日からMozilla Firebirdに置き換えてみました。 たしかにちょっとだけ機敏に動くかな。 どうせメールリーダなどには使ってなかったので機能的にはこれで十分。

数日使って様子を見よう。

_ [OSS] 「オープンソース」の秘密

あ、そうか。別に俺定義を駆逐する必要はないんだ(どうせ無理だから)。 気負い過ぎていたかもしれない。

こういうのはどうだろう。

「オープンソース」でうまくやりたいなら、 オープンソースに隠されている「秘密」を知らないといけないんです。

ってのは。で、「うまくやりたい人」がその「秘密」を聞いてきたら、

うふふ、秘密です。

「オープンソースの定義」その解説を研究したら分かるかも。

と返すのだ。自分で学んで得た知識は役に立つぞ、きっと。

口をあけて教えてもらえるのを待っている人は成功できない、と。 成功したいなら甘えてちゃいけないよね。

やりすぎ? 不親切すぎるかなあ。

じゃあ、「本当に知りたいなら教えてあげます」は?

_ [OSS] エンドユーザへのスタンス

ユーザに対するスタンスですか。 前にも書いたように、 純粋なエンドユーザは「オープンソース」とは直接関係ないんです。

ですから、正直なところ私は純然たる「エンドユーザ」に対して どのようなスタンスを持つべきかということについて 結論を持っていないのです。

ちょっと考えてみよう。

まず「エンドユーザ」という言葉が指すものは「オープンソース」以上に広くて、 人によってとらえ方も違いそうで、そもそも「有意義なスタンス」が存在できるかということさえ疑問だ。

仮に「エンドユーザ」が単なるソフトウェアのユーザであった場合、彼らになにを伝えるべきか。

「ソフトウェアの自由」は現時点での彼らには意味がない。 彼らにとってソースコードはあってもなくても同じだ。 重要なのは「無料かどうか」しかない。 そのような彼らは「オープンソース」だろうが「フリーソフトウェア」だろうが、 無料ソフトウェアとしか捕らえないだろう。

しかし、そういう彼らもある時プログラミングに関心を持ち、 開発者の一員になるかもしれない。だから、彼らに今伝えるべきメッセージは、

「オープンソース」っていう今までにないやり方があって、 そのおかげでこのソフトが無料で手に入るんだよ。

でも、無料ってだけじゃなくて、 そのやり方でプログラムを作ると開発がすっごく「楽しい」んだって

ではないだろうか。ここで「楽しい」の部分は適宜「成功できる」とか良さそうな言葉に置き換えるとして。 要するに、将来に開発者になった時にじゃまにならない程度のメッセージを伝えれば良いということだ。

しかし、上のはかなり方便な説明だな。

  • 「今までにない」はほんとじゃない
  • ここで行ってるのは厳密には「オープンソース」ではなく、「バザール開発」ではないか

いかん。もうちょっとマシな説明を考えていく必要があるな。

_ [会社]新人歓迎会

中途入社の歓迎会。おなか一杯。服が煙草臭い。勘弁してほしい。

_ [OSS]オープンソースとバザール開発

たくさんのコメントありがとうございます。私にとっても刺激になります。

オープンソースはバザール的な要素を含むかということですが、 これは微妙です。というのも

  • 少なくとも「オープンソースの定義」にはバザール開発を含まない
  • その背景も「ソフトウェアの自由」であってバザール開発は含まない
  • 全てのオープンソースソフトウェアの開発がバザール的とは限らない

という事実があり、また一方では

  • 「オープンソース」のポジティブなイメージはバザール開発と不可分
  • 「オープンソース」の楽しさにもバザール開発は不可欠

というも事実だからです。

_ [TV]スペイン語講座

ふと思い立ってNHK教育のスペイン語講座を眺める。 なんか理由は分かるような気がするけど。

...だめだ、やっぱり新しい言語は覚えられない。プログラミング言語ならまだ大丈夫だと思うんだけど。 でも、Haskellとか身についてないよなあ。

_ [OSS]エンドユーザに対するスタンス(その2)

ああ、エンドユーザとひとくちに言ってもレベルがそれぞれという罠。

  1. 単なるユーザ。フィードバックのつもりもない
  2. バグレポートなどフィードバックするつもりはあるユーザ
  3. プログラムの改善に協力する(意見を言うなど)とか、もう少し積極的なユーザ
  4. パッチを作るなど開発にかかわるユーザ(もう開発者か)
  5. 開発者

で、(1)のレベルのユーザについては 前述のような「将来じゃまにならないようなメッセージ」が必要なんだろうなと思うんです。 あ、hsakaさんがおっしゃるようなrespectの気持ちはぜひ持ってほしいなと思います。 XPでもオープンソースでも日常生活でもrespectの気持ちは重要ですよね。

で、Tmbさんの意見である宣伝・広報活動については微妙*1な気持ちを持ってます。純粋に開発だけを考えるとユーザはそんなにたくさん必要ないんですよね。 むしろ、広がりすぎたコミュニティやいろんなタイプのユーザに振り回される危険性まであります。 船頭多くしてってやつですね。だから、開発者としての私は「そんなに要らない」と思ったり。 むやみに(1)から(2)への移行を勧めるのも考えものです。

しかし一方、ビジネスとして成立したり、有効な支援を受けたりするためには知名度や普及度が大いに関係します。 だから、オープンソースエバンジェリスト(自称)としての私は「ぜひ必要」と思ったりするんです。 かなり矛盾してます。まあ、開発者と中間層の立場をひとりで兼ねようとするから起きる矛盾なんですが。

ユーザ数についての暫定的な結論:

  • 開発者はたくさんのユーザを必要としていない
  • 中間層はたくさんのユーザを必要としている
  • たくさんのユーザは中間層を通じて開発者に対する間接的なメリットになる

*1  なんか「微妙」ばかりだけど

本日のツッコミ(全15件) [ツッコミを入れる]
_ maru (2003-06-12 18:02)

開発者に対するスタンスとしては全然不親切ではないけど、別途でユーザに対するスタンスを用意する必要があると思う

_ maru (2003-06-12 18:15)

ユーザを増やす一番の方法は、多機能化よりも強力なユーザビリティだと思う。<br>「トリアエズお試し」という動機を起こさせるための使い勝手が必要なんだ。<br>使ってみて不便だと思ったUIをフィードバック。それが即座に改良される。このサイクルにユーザを嵌めてしまえば、「IISなんか使えるか。Apacheよこせ」という話になると信じている。<br>僕の信念を無視しても、これもオープンソースの反映の一つの方法ではないかと思う。

_ maru (2003-06-12 18:18)

つまり、オープンソースにおいて、開発者と同じくらいユーザは大切だとして、それぞれに最適な方法は別ではないだろうか、という話。(長文失礼しました)

_ しかP (2003-06-12 18:35)

私もそう思っています>フィードバック、即座に改良、うれしいの循環。<br>同じように、「こんなのどう?とパッチを送付、それが採用、うれしい」、の連鎖がまた幸せなのではないかと。<br>若干「俺定義」入っていますけど・・・m(__)m

_ しかP (2003-06-12 18:44)

挨拶もなしでした。まつもとさん、こんにちは。(今更・・汗)<br><br>私の所でも書きましたが、オープンソースはバザール的な要素を含む、と考えられないでしょうか?

_ hsaka (2003-06-12 19:23)

オープンソースを精神的に支えているのは、ソースコードとその開発者へ<br>の respect だと思うのです。(『42件』の件は、これが無かったから…)<br>それをエンドユーザに共感してもらうには、プログラマになってもらうの<br>が一番いいと思います。HTML を書くくらいプログラムが簡単になれば、<br>不可能ではないと思うのですが。

_ maru (2003-06-12 20:33)

オープンソースへの貢献は、純粋にコードなのは確か。<br>しかしコードを書かないエンドユーザであっても、「コードにつながる何か」を提供できれば、それを貢献とできないだろうか。<br>バグ報告とか。

_ maru (2003-06-12 20:49)

ここではオープンソースの話をするべきで、僕はバザール開発の話しかしていないから、僕は頓珍漢かも知れない。かも知れないってのは、僕の理解の浅さゆえだから。申し訳ない。<br><br>ただ、エンドユーザにプログラマへの「共感」を求めることは無理。だってコードを書かないからエンドユーザなんだもん。<br>だから別の「理解」を模索する必要があるんじゃないかな?

_ hm (2003-06-12 22:07)

友達に気軽にコピーしてあげられるので、Open Source Software(R)はエンドユーザにもうれしいものです。<br>しかも設計書付き。

_ Tmb (2003-06-12 22:32)

エンドユーザに直接コードへの貢献を期待するのは無理かもしれないが、<br>彼等が「そのソフトを選んで使う」ということは、一種の宣伝・広報<br>活動につながるのではないだろうか。一人一人の効果は少なくても、<br>1万人、10万人、100万人のエンドユーザが集まるということは、<br>そのソフトの価値を自ずとアピールするし、それが開発者を集め、<br>あるいは社会的な注目も集めることになるのではないか、と。<br><br>もし、エンドユーザにもっと積極的な何かを求めるとしたら、適切な<br>フィードバックももちろんだけど、どんどん周りの人に薦めてくれ、<br>というのはどうだろう。

_ Lef (2003-06-12 23:24)

あと、エンドユーザがまつもとさんのいう中間層になる率は結構たかいんじゃないか思います。<br>エンドユーザの時に思い当たらなくても、中間層になった時にオープンソースの価値に気付いてくれるような流れだといいんじゃないかと思ったりしてます。<br>たとえば、(完全にOSD定義である必然性には結びつきませんが)万が一開発が終了してしまっても、コードさえあればなんとかなる。forkしてあたらしいプロジェクトが始まるかもしれない。という辺りは、エンドユーザーにもメリットを感じられるところじゃないでしょうか。

_ naruse (2003-06-13 00:59)

> フィードバック、即座に改良、うれしいの循環。<br>クローズドなソフトウェアでも、やるきのある作者さんだったら、<br>「ここを直せ」「なおした〜」「こっちも直せ」「はいはい」<br>と、循環は起きえますよ。<br>もちろんパッチを送ってもらったりは出来ませんが・・・。<br><br>> それをエンドユーザに共感してもらうには、プログラマになってもらうのが一番いいと思います。<br>> HTML を書くくらいプログラムが簡単になれば、不可能ではないと思うのですが。 <br>極端な話だとは思いますが、同感です。<br>わたしも、HTMLを書くくらい簡単なプログラム---CGI/Perlから入ったので。<br>もっと、Windows上でRubyが使いやすくなると、この線でのOpenSourceの普及も進むと思うのではないかと思ったり。

_ まつもと (2003-06-13 02:44)

オープンソースだとより徹底して嬉しいということだと思います。<br>単なる量的な差と見るか、質が違うと捉えるか。<br><br>あと、本文にも書きましたが、私は普及とかユーザが増えることについて微妙な感情を持っているのです。

_ kubota (2003-06-13 07:07)

普及とかユーザが増えることについてですが、ぼくがオープンソースコミュニティの良いところと思っていたのは、ユーザと開発者の区別がない (曖昧) というところ (だった) のです。<br><br>区別がない、というと、ユーザと開発者のあいだの垣根が低い、というふうな意味に誤解されてしまうかもしれません。もちろん、そういう点、つまり、「ユーザ100%、開発者0%」の人と「ユーザ0%、開発者100%」の人がいてその間の垣根が低いということもありますが、ぼくの言いたい力点はそこにはありません。むしろ、「ユーザ99%、開発者1%」な人、「ユーザ98%、開発者2%」な人、... と地続きになっていて、全員が何らかの形でユーザであると同時に、全員が何らかの形で開発者である、ということです。<br><br>今日、まつもとさんの言われる、開発に全く興味がない「エンドユーザ」が多数存在することは確かですが、その場合、互助組織としてのコミュニティのあり方そのものも変質していかざるを得ないのかもしれません。どういう方向に進めばいいのか、分からないですが。

_ 白いヲクサマ (2003-06-13 19:09)

はじめまして。ラジオ講座は4月からきかないと6月でも結構難しくなっています。私はフランス語を聞いていますが、今年の放送は結構難しいんですよ。CDを売っているので、4月のテキストとCDあわせて聞くとわかりやすいかも。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]

«前の日記(2003-06-11) 最新 次の日記(2003-06-13)» 編集

track feed Matzにっき Creative Commons License This work is licensed under a Creative Commons License.