«前の日記(2008-03-12) 最新 次の日記(2008-03-14)» 編集

Matzにっき


2008-03-13 [長年日記]

_ 徳島講演

徳島OSS勉強会で 「Ruby誕生秘話とOSSの展望」という講演をするため移動。

っていうか、徳島遠い。 たぶん、正解は島根が遠いので相対的に徳島が遠く感じられる、だけど。 片道5時間弱。

電車で岡山まで、さらに高松経由で、徳島まで。

昼飯の時間もほとんどなかったので、 高松駅で立ち食いうどん。おろしぶっかけ(温)。 駅のうどんじゃこれぞ本場というような感動はなかった。

講演は70名くらいか。 今回は完全新作というわけではないのだが、 どのくらい伝わったかなあ。

一応、地理的ハンデの克服みたいな話はしたんだけど。

で、少々スタッフの人と懇親のようなことをして、 19時30分の電車でトンボ返り。

夕食は徳島駅で立ち食いうどん。またうどんかっと言われそうだけど、 好きなんだもん。

こちらはかき揚げうどん。揚げたてで大変おいしかったが、 電車の時間が気になる身にはちょっと大変だった。 おいしいと熱いの狭間で苦しむ(苦笑

松江についたのは深夜過ぎ。自宅にたどりついたのは1時が近かった。 大変な移動である。

_ 七左衛門のメモ帳: 無料より優れたもの

Kevin Kelly -- Better Than Freeの翻訳。

英語読むよりはずっと楽なのでありがたい。

情報は基本的にコピー可能な上に、 最近ではコピーのためのコストはどんどん下がっている。 究極的にはあらゆるコピーのコストはゼロに限りなく近づくだろう。

そのような社会では「コピー不能なもの」だけが価値を持つ。 しかし、いったいコピー不能なものってどんなものがあるだろうって話。

もちろん、物理的実体のあるもののコピーコストはそんなに下がらないけど、 そうでないものの話。

これはオープンソースの戦略と本質的には同じである。 情報に過ぎないソフトウェアは本質的にコピー可能で そのコストはゼロに近づいている。

が、本当に費用が発生しないならばソフトウェア開発者は ご飯が食べれないから、どこかで「コピー不能な価値」を発生させなきゃならない。 オープンソースにかかわるビジネスを行おうという人は この文章に目を通しておいて損はない。

_ [OSS] 国産ソフトのオープンソース化が増加、「いじりたい」に応える − @IT

いろいろなものがオープンソース化するのは良いことだと思う。 もちろん、それら全部が「成功」するとは限らないけれど、 多様性がなければ生態系は発生しないし、 いろいろなものが切磋琢磨する状態でなければ 良いものは生まれないだろうから。

単純に効率だけ考えれば、各分野にひとつだけ存在すればいいんだけどねえ。

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]
_ okdt (2008-03-19 20:05)

> 単純に効率だけ考えれば、各分野にひとつ<br><br>なんの効率ですか?

_ まつもと (2008-03-19 22:51)

開発効率ですね。<br>リソース(特に人材)が有限であることを考えると、RubyとPythonの両方をメンテするよりは、双方のリソースを集約した方が効率的であるという考えもありえるでしょう。

_ 匿名 (2008-03-20 12:26)

そうは思いません。<br>Pythonに興味を持っていた人に、明日からはPythonを捨ててRubyをメンテしろと言ったって興味を持たないかもしれません。<br>また、同じコミュニティ内にPythonやRubyやJavaやCやetcの情報が氾濫してカオスな状態になってしまっても困ります。<br>Javaプログラマの糞コードがHaskellに入ってくるのも我慢なりません。

_ 元職業プログラマ (2008-03-20 13:38)

↑そうは思いません。

_ まつもと (2008-03-20 16:06)

匿名さん、<br>あまり本気にされても。あくまでも効率だけを考えた仮定の話ですから。<br>実際にはおっしゃるようなことや、それ以上にいろいろあって競争/競合があり、それは健全だと思いますよ。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]

«前の日記(2008-03-12) 最新 次の日記(2008-03-14)» 編集

track feed Matzにっき Creative Commons License This work is licensed under a Creative Commons License.