«前の日記(2007-08-26) 最新 次の日記(2007-08-28)» 編集

Matzにっき


2007-08-27 [長年日記]

_ ねたミシュラン 千葉県マジで?!

千葉県は出席番号が誕生日順であるという話。

しかし、私の小学校は誕生日順だった。私は4月生まれなので、 妙に早かった覚えが。

ということは、千葉県ではないもう一県とは鳥取県? それとも、昔はもっと多かったってことなのかな。

_ [言語] Useless Factor: The R5.97RS Unicode library is broken

Scheme R5.97RSにおけるUnicodeの取り扱いが「壊れている」という 話。

  1. UTF-16なのに定数アクセス
  2. 大文字小文字変換(charがcharにマップしない)
  3. collation
  4. locale

もっとも、(1)はshouldをmustと読み違えたもののようだ。 あと、(2)は後方互換のためのAPIであるということだ。

それ以外の、(3),(4)は間違いではないけど、 そこまで実装にコストをかける必要があるのかなあ。 この調子だとFactorは「世界一正確にUnicodeが扱える処理系」になるかもしれない。

_ [言語] Pupeno’s web site >> Blog Archive >> The problem with Lisp

(Common) Lispの最大の問題は「コマンドが作れないこと」という分析。 ライブラリは簡単に作れるんだけど。

ここでコマンドとはコマンドラインから実行できるもの、 あるいはexecシステムコールで呼び出せるもの(Windowsならstartか)。

いや、もちろん作れるんだけど、イメージをまるごと含む形になるため、 ほんの小さなプログラムでも巨大になりがち。 これでは「伝統的な開発モデル」にはうまくはまらない、 ということ。

Smalltalkでも似たような状態なんだけど、 とはいえ、これはLisp(やSmalltalk)の最大の利点でもあるわけだし。 利点と欠点が表裏一体ということか。

_ [OSS] Slashdot | Court Ruling Clouds Open Source Licensing

PerlのArtisticライセンスが、裁判所により 「著作権仕様許諾」ではなく「契約」であると見なされた、という話。

もっとも私にはそれがどう違うのかよくわからないんだけど、 スラッシュドットのコメントを読んでると、なんだか大きな違いがあるらしい。 少なくともアメリカ法の下では。

さらなる情報が(できれば日本語で)ほしいなあ。

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]
_ 鳥取出身 (2007-09-05 10:18)

鳥取県も出席番号が誕生日順だったかと。男子が先でその後女子の順だったのですが最近は(いろいろ問題があったらしく)男女混合で純粋に誕生日順になっているらしいです。

_ 千葉県出身 (2007-09-05 12:05)

千葉県出身者ですが、リンク先のサイトを見た友人に言われてそうなのか..と愕然としました。<br><br>私の場合は小学校、中学校は誕生日順で、高校に入ったら五十音順になったので、「小、中は誕生日順が基本」なんだと思ってました...。

_ 成瀬 (2007-09-06 04:38)

ちゃんと読みきれていないので確実なことはいえないのですが、<br>ここで問題となっているのは差止めが可能かどうかです。<br>そもそもアメリカでは(日本でもそうなんですが)、契約の債務不履行をしても、それのみ(民法上の権利のみ)では相手の行為を直接的にやめさせること(差止請求)はできません。差止めを行うには著作権法などの特別法の権利を用いなければなりません。<br>で、この例の場合、Artistic Licenseには「契約違反をしたら契約終了」という条項がないため、契約違反をしても契約は続く→Matthew Katzerは契約違反はしているが著作権侵害はしていない→差止請求できない、という構成かと。<br>裁判所は、Matthew Katzerが契約に従えば丸く収まる話なのだから、その方向で解決するのがよいだろうと考えたのですかね。(ちなみにこれに従わなかった場合は損害賠償の請求ということになります)<br>で、この判決がどのような意味を持つかですが、どうなんでしょうね。GPLのような終了条項があるライセンスではどうかには触れられてませんし。端的にいって、あまり重要な判例ではないように感じます。

_ pのつく通りすがり (2007-09-06 23:27)

誕生日順の出席番号がすでにあったとは・・・!誕生日順は自分が常に友人に主張している出席番号です。<br><br>とくに小学校一年生くらいでは、4月生れと3月生れだともの結構な体格差(主に身長)があると思う訳です。体育の授業なんかでは身長順に並べ!とか結構あると思うのですが、誕生日順ならはじめから出席番号がある程度自然に身長順になっていると思われるので体育の授業では出席番号順にならんで貰えばよいと言う訳です。<br><br>子供達が自分達の身長の低い高いにコンプレックス(?)を覚えることなく身長順に並べられる良い方法だと思っている訳なのです。(小2くらいで覆りますが)

_ 派遣社員 (2007-09-07 16:57)

>pのつく通りすがりさん<br>身長順に並ばせることの意味は何でしょう?<br>おそらく1クラスに20センチ以上の身長差が存在する状況で、身長の低い児童から教師が見えやすいように/教師から児童が見えやすいようにという意図があったのでしょう。(少なくとも当初は)<br>であれば、出席番号の逆順に並ばせて1人でも(目立って)背の高い児童が前にいると教師から目が届かなかったり児童が「見えない」と騒ぎ出してしまうことになるのではないかと思います。<br>児童にコンプレックスを持たせない(運動会で順位をつけない等)という動きもありますが、コンプレックスも自分の個性として認識させるのが今のメジャーな教育方針であるように思います。

_ えむ (2007-09-12 16:51)

大阪ですけど幼稚園では誕生日順多いですよ。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]

«前の日記(2007-08-26) 最新 次の日記(2007-08-28)» 編集

track feed Matzにっき Creative Commons License This work is licensed under a Creative Commons License.