«前の日記(2007-03-30) 最新 次の日記(2007-04-01)» 編集

Matzにっき


2007-03-31 [長年日記]

_ 姪、誕生

二番目の妹のところに女の子が生まれた、と聞いた。 めでたい。本当に「女の子は早生まれがトク」かどうかは知らないが、 はからずもそうなったね。

これで、一族が、えーと、何人になったんだっけ。

_ [言語] Objective Caml 入門

関数型言語アレルギーを克服すべく勉強しよう、というリンク。

でもねぇ、なんだろう、この理解できなさは。

絶対、先入観が原因だと思うんだけどな。 OCamlならそんなに「普通の言語」から遠いはずはないし。

実はOCamlのソースコードは読んだことがあるのだが、 そっちはすんなり読めたという。やはり、C言語だから? どんな言語でも内臓は大差ないから?

_ [Ruby] Headius: Can Your Ruby Do This?

JRubyのマルチ言語サポート。すげーっ。

「私のRuby」ではできませんとも、もちろん。

_ ITmedia News:「つまんない」「暇」を検索入力・会員100万人は簡単−−携帯ネットの意外な“常識”

私の理解できない世界があるということは、なんとなく分かった。

あまりお近づきになりたくない気もする。

追記:

「お近づきになりたくない」だけではあんまりなのでもう少し考察してみた。

なぜ、「お近づきになりたくない」かというと、あまり知性が感じられないからだ。 暇なのは分かるが、それを検索エンジンに愚痴られても。

が、そこは我慢してもうちょっと考えてみよう。

なぜ知性を感じないかというと、我々が理解している検索エンジンの仕組みを考えると 「暇」とか「つまんない」とか言われても、それは検索語としてまったく意味がないからだ。

が、上の事実は、世のケータイユーザの大半は検索エンジンがどのようなもので、 どのようなテクノロジで動作していて、 どのような検索が得意なのかということについて、 まったく知識がなく、想像力も働かないことを意味している。

長らくPCを中心としたコンピュータテクノロジは、

  • すごく知ってる人
  • ちょっと知ってる人
  • 知らなくて困ってるから周りに尋ねる人

くらいに分類されるユーザにリーチしていた。

しかし、ケータイの普及により、新しい層が登場してしまった。 すなわち、

  • 自分も知らないし、周りも知らない。 なんとなく分からないまま使ってるし、 分からないことは分からないままでも困らない

彼らは(過去の経緯を)なんにも知らないし、 知ろうともしないから、過去の文化を尊重することもないし、 新しい慣習(場合によっては迷信)を作ってしまう。 しばらく前に話題になった「読み逃げ」なんかはその例だろう。

「読み逃げ」は、話題のきっかけになったOKWebの質問は「釣り」だったけど、 そういう文化があるのは事実のようだし。 あと、バトンとか。最近では変なタイトルを使う「悪質」なものも登場している。

もちろん、以前にもこういう迷信を支える層は存在していたけど、 割合としてはごく小数だったし、 PCというのは「分からないままなんとなく使う」には難しすぎるツールだった ので、大勢に影響することは決してなかった。

が、今やこの層が国内だけでも数百万人である。

これだけの人数が持つパワーを考えると、 なにか「手を打つ」必要性もあるのかもしれない。

言語オタクの立場からだと、思いつくのは ケータイユーザ用スクリプト言語?

なにそれ。

本日のツッコミ(全20件) [ツッコミを入れる]
_ 通りすがり (2007-04-03 14:58)

検索窓に「つまんない」と打つのは、端末に'make love'と打つのと同じ動機では。仕組みも結果もわかってて入力する層はいると思いますよ。実例の観察なしに推論を重ねても有意義な考察にはなり難いんじゃないでしょうか。

_ まつもと (2007-04-03 15:10)

「端末に'make love'って打つのと同じ動機」なんですか。<br>私はそんなことしようと思ったことがないんで、どんな動機だか想像もつかないんですが。<br>「仕組みも結果も分かってて入力する人」がいないとは言いませんが、それが頻出ワードになるほど「仕組みも結果も分かってて入力する層」がいるとは思えないんですが。それはなにか私の「思いこみ」なんでしょうか。

_ (2007-04-03 18:23)

"make love"と同じでネタが動機なら、同様の行為はPC検索でも行われているはずなので、ケータイ特有の現象にはならないはずでは?

_ (2007-04-03 18:44)

「人力検索はてな」で検索すると少しは有効なものが見つかるかもしれませんよ。まあ、検索行為自体に知性は感じられませんが…。<br>question:1173408012<br>question:1167371858

_ shiro (2007-04-03 19:02)

「検索エンジン相手に愚痴って」るんでしょうか。むしろ、「ザリガニをつついてどんな反応をするかみてみる」ような行為なんじゃないかという気がしました。検索エンジンのまっとうな利用法ではないですが、私にはそんなに理解不能な行為とも思えません。(それに「暇」で検索してみたら結構暇潰しになるサイトがあがってくるみたいですし。)<br>まあ、このエントリの後半を読むに、Matzさんがここで話題にしたいユーザ層ってのが先に頭にあって、ITMediaの記事は単なるきっかけなんだろうなって思いますが。

_ hoge (2007-04-03 22:48)

意味論的サーチエンジン需要の表出だとみているのは俺だけなんだな.技術が潜在需要に追い付いていないんだよ.残念ながら.要するに ruby の中の人は過去の人ってこと.

_ まつもと (2007-04-03 23:07)

私が「過去の人」であることには同意しますがね。<br>更に言えば、久しく「暇」とか「つまんない」とか思ったこともないですね。<br>「忙しすぎ」とか「めんどくさい」はいつも思うんですが。<br><br>ケータイに向かって「暇」とか語りたい人には「ししゃも」とかと会話したらよいのではないかと思わないでもないです。

_ (ぱ) (2007-04-03 23:52)

「疲れた」「眠い」「鬱」「死にそう」「死ね」とか、しょっちゅうGoogleに打ち込んでますが。私。

_ ななしん (2007-04-03 23:58)

OCaml のソースコードってほとんど OCaml じゃないですか?

_ まつもと (2007-04-04 00:16)

私が読んだOCaml 3.05のソースコードは大半Cでしたよ。<br>もっとも私がbyterunを集中的に読んでたからだけだという説もありますが。

_ aki (2007-04-04 14:10)

私もよくわからない世界ですが、なんとなく暇仲間を探してるとか?

_ B層 (2007-04-05 00:10)

SFの世界みたいにコンピューターと話ができるんじゃないかと

_ rar (2007-04-05 01:14)

こういう話題には食いつきがいいわけで。(私含む)<br>まつもとさんが気にしておられるのは、きっとB層さんがおっしゃるような感覚で、例えば「人口無脳」の語意がピンとこない人じゃないでしょうか。<br>shiroさんのおっしゃるような、<br>>「ザリガニをつついてどんな反応をするかみてみる」ような行為 <br>という感覚ではない人が大多数ではないかという、(根拠は私にもわからないが、私は共感できる)感覚だと思いました。でもこの私の感覚の根拠って何だろう。ちょっと(〜かなり)知っていると言う優越感ではないと思いたいです。

_ rar (2007-04-05 01:20)

訂正:「人口無脳」=>「人工無能」。失礼しました。

_ みの@ (2007-04-05 11:32)

ケータイは基本的に「作業するためのツール」じゃなく「コミュニケーションツール」なわけだから、電車の待ち時間に友達に「ひまだよー」とメールするのと同じ感覚で検索窓にも「暇」と入れるんじゃないでしょうか?<br>「相手はコンピュータなんだから、コンピュータがわかるように」なんて配慮をしないってことですよね。<br>(かつての)SFが描いたような、「なんにでも対応するコンピューター秘書」みたいなものが求められてるのではないかなと。<br>むしろPC技術者たちが目指してきた方向に、世の中が近づいてきているような気もします。「機械に対してかまえて」立ち向かうユーザーじゃなく、「人間的な気配りを機械に要求する」ユーザーが増えているということは。<br>(10年ぐらい昔のアップルのCMに、話しかけると即応して必要なデータを出したり手配をしたりするコンピュータが出てましたが、あのコンピュータ秘書なら「なんか暇なんだけど」と話しかけたら適切な暇つぶしを提供するのではないかと)<br><br>とすれば(サービス提供者としての)対応は「ものすごくカスタマイズされた検索結果を返す」ことでしょうか。<br>ケータイならではのものとしては、先読み漢字変換の辞書なんかをカスタマイズソースとして読み込めたら面白いかもしれませんね。ケータイには他にも個人情報満載ですし、サーバ側に個人情報を送り込むのじゃなく、返ってきた検索結果を端末の方で「再・最適化」するような機能も考えられそうです。

_ カモ (2007-04-05 12:10)

深読みしすぎでは?又はケータイユーザーをバカにしすぎ?<br>と思います。<br>てっきり冗談だと思って読み流していましたが、なんとなく本気っぽいのでコメントを。<br><br>機械相手に、真面目に愚痴っているって感覚の人間が果たしているのか、非常に疑問です。<br>単純に、<br>・今現在自分が「暇」<br>・暇つぶしを求める<br>・「暇」というキーワードが含まれるコンテンツは<br> ・暇つぶしに直接役立つコンテンツ<br> ・他人が暇だと思ったときに作られたコンテンツ→間接的に暇つぶしに役立つ<br>∴「暇」を検索する<br>だと思います。<br>別に不思議はないと思いますが。<br>例えば、「美味しい料理をだすレストラン」や「おすすめのレストラン」を調べたいときに「レストラン」だけで検索することは、経験則から非効率だと分かっているものの不自然ではないと思います。同様に「暇つぶし」や「"つまんない"ときに役立つコンテンツ」を検索ために、「暇」を検索して不自然ではないと思います。<br><br>穿ちすぎでしょうか。

_ 最初の通りすがり (2007-04-05 14:36)

四六時中親指を動かして携帯メールを交換する人々というのは、PC世代の人間にとっては異文化の住人です。私もこの記事に驚いた一人なので、「つまんない」という検索語が入力される理由が「検索の仕組みを理解していないから」という考察は興味深いですが、身近に観察対象が存在しないのであれば、「検索の仕組みを理解していない」という仮定に対しては異文化ゆえの常識外要因を強く疑い、実際にそう入力した事のある人のブログ群から動機を探るとか、実際に暇そうな人が携帯をいじる様を観察する等の裏付けが取れるまでは、個人的な一推論に過ぎない事を強調すべきではないでしょうか。<br><br>思い違いだったらすみませんが、今回の文章はいつもに比べて断定の度が強いような印象を受けました。<br><br>今回のエントリは知性がキーワードになっていますが、異文化圏内での出来事を自文化の常識で断じるのは知性ある態度とは言い難いのではないかと思います。まつもとさんのように影響力のある方がそうされると、この説がまことしやかに広まって世代間対立の元になったりはしないかと心配しております。<br><br>一読者の感想として参考になれば幸いです。<br><br># 皆さんの動機予想も興味深いですが、単に「ドラマの1シーンの模倣」というオチもあり得るんじゃないかと後から気付きました。

_ まつもと (2007-04-05 17:12)

えーと、結構「本気である」と読まれたようで、私の表現の稚拙さを申し訳なく思います。<br><br>実は言いたかったのは<br><br> ケータイで「暇」を検索する人々がいる<br> (私の属する)PC文化のバックグラウンドからは知性が無いように感じられる<br> が、実は文化的違いで実はそうでないのかもしれない ← ここが伝わってない<br> とすると彼らは何を求めてるんだろうか。愚痴?<br><br> 技術的にはそういう人たちに人工無脳のようなアプローチはどうだろう<br><br>という流れです。「暇」と検索するケータイユーザに本当に知性がないと思っているわけではないんですよ。ちょっと疑ってるけど。(笑

_ ryu (2007-04-06 00:52)

わたしは、検索エンジンの仕組みなどを理解しているつもりですが、暇と検索する気持ちはわかります。<br><br>暇でなにもすることがないから、暇を検索するんです。検索結果なんて、あまり重要でないのでは?検索することがあったら、暇ではない。<br><br>わたしの場合は、世の中には多種多様の人が存在していて、理解できなくても、「近づきたくない」とは思いません。万人を軽蔑するのではなく、愛したほうが幸せだと表います。

_ まつもと (2007-04-06 06:52)

ryuさん、<br>「万人を軽蔑するのではなく、愛したほうが幸せ」というのは一本取られました。<br>確かにそのとおりです。参りました。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]

«前の日記(2007-03-30) 最新 次の日記(2007-04-01)» 編集

track feed Matzにっき Creative Commons License This work is licensed under a Creative Commons License.