«前の日記(2004-06-07) 最新 次の日記(2004-06-09)» 編集

Matzにっき


2004-06-08 [長年日記]

_ [morg]使いやすい電子メール技術を探る会議『インボックス』

旧来の電子メールの技術とMUAが採用しているメタファは破綻しつつあるという話。

電子メールは「破綻している」とハーンCEOは述べた。同氏は、米ネットスケープ社の最高技術責任者(CTO)をしていたときに、現在のような名声を獲得した。「われわれは、(電子メール・システムの)メタファー[暗喩:ここでは「システムの構造や機能を把握するための概念あるいは表現」といった意味]に変更を加える必要がある」

ハーンCEOは一例として、大部分の電子メール・ソフトウェアがメッセージの保存に利用している「フォルダー」というメタファーを挙げ、「このメタファーによる管理方法は、1日に5通のメッセージを受信することを想定していた時代に考え出されたものだ」と指摘した。現在ではこの10〜20倍のメッセージを受け取るユーザーも多く、それぞれを所定のフォルダーに整理するには時間がかかりすぎるという。

やはり、メールオーガナイザーの発想は正しいということか。

で、クラックされてRuby関連が滞っている間、 検索ベースのメール利用パターンについて考えてみた。

  • 届いた未読メールを読む。メールは、フォルダ(プライマリキー)、スレッド、日付でソートされる。
  • マークをつけておいたメールを読む。
  • あるフォルダ(プライマリキー)に属するメールを読む。 未読、マークが付いたもの、最新100件のメールが表示される。
  • あるメールに関連するメールを読む。親メール、スレッド全体、似たメールなどが取得できる。
  • 検索により取得したメールを読む。

こういう機能があるクライアントなら、明示的に分類しなくても、 必要な時に蓄積したメールから情報を取り出すことができるような気がする。 ついでに、Webページも同じデータベースにクリップできるといいだろうなあ。

_ U-20プログラミングコンテスト

ごめさんからのコメント

プログラミングコンテストに独創的な自作ソフトを
応募したかったけど平成17年3月31日時点で満21歳
無念・・・

それはそれは。しかし、希望はまだあるかも。今年に限っては移行措置として

  • ただし、本年度は21歳以上の高校生・専門学校生・高等専門学校生は参加できます。(平成16年3月卒業生も在学中の作品であれば応募可能)

という条件が加わる予定です。ごめさんがこの条件を満たせば...。

_ 『アキバ署!』にみるプライバシー侵害

昨日は『げんしけん』にひきづられて考察できなかったが、 改めて内容について考察してみよう。

もっとも、ちゃんとした考察なら「高木浩光@茨城県つくば市 の日記」を読んでもらった方が良いかもしれない。2chには読後感想文大会が開かれているらしいが、人大杉(人多すぎのこと?)で2chブラウザでしか読めないようだ。

ネタバレあり。あらすじ。

女子高生の恥ずかしいビデオがWinnyらしき「ファイル交換ソフト」によって流通してしまう。 流した元BFは問い詰められても、もはや回収することはできない。 女子高生の涙を見た警部補久遠あまねは...。

このことが示すようにWinnyでプライバシーを暴露された場合には、 回収することは困難である。というか、Winnyではムリ。 これは重大な問題だ。わたしだって人に知られたくないことはあるし、 それが勝手に公開されたら困る。回収不能なら大変に困る。

しかし、これってP2Pやらファイル交換に特有の問題なのだろうか。 高木さんは「それは詭弁。人の意識が介在するかどうかが肝」とおっしゃる。 Winnyが特に悪質であることを示すためには、確かにそうかもしれない。 が、人の意識が介在しようがしなかろうが、 侵害されてしまったことと回収不能であることには変わりがない。

たとえば、私の恥ずかしいビデオ*1がどこかのWebページで公開されてしまった、とする。HTTPは別に匿名を意識したプロトコルではないので、理屈では(官憲の力を使ってでも)だれがそのページを管理しているかを特定して、そのページの公開をやめさせることは可能である。しかし、そんなことは簡単にできることではないし(作中にもあったように海外でホスティングしてたら、とか)、たとえできたとしてもすでにタウンロードされてしまったファイルを消すことは(作中の「非常手段」を使いでもしない限り)不可能だ。

テクノロジーの進歩により、個人が大衆に直接アクセスできる手段ができたことそのものが、 この問題の背景にある。インターネットは便利さを提供し、人にパワーを与えたが、 そのパワーは悪意のある個人にも届けられたのだ。

現時点での私にはこの問題に対する解答はない。

ただ、問題があっても今さらインターネットの力を放棄できないこと、 確かに個人を保護しなければならないが、 下手な保護手段は(言論の封殺や弾圧に)悪用されやすいことだけは確かだ。

悩ましい。

*1  誰も見たくないや、そんなの

_ [特許]ソニー、ウォークマンを巡る訴訟で「発明者」に数百万ドルを支払う

ソニーがウォークマン類似の特許を持つ発明家と和解し、対価として数百万ユーロを支払ったというニュース。

私は当の特許を読んでないので、

  • 「ベルトにステレオをつける」なんて単なる組み合わせで特許を取るな
  • 「ポケットオーディオプレーヤーと携帯電話」なんて単なる組み合わせで特許を取るな

とかは、思っても言わない。実際にはもっと高度な特許かもしれないしね。

気になる点はここだ。

自身の勝訴を誇りとするPavelは、今度はウォークマンの類似製品を製造するApple Computerなどにも接触する計画だと話している。白いボディーが鮮やかなAppleのiPodは、ある意味でウォークマンのデジタル版後継機だと言える。

彼の特許が成立したのは1977年である。たとえ彼の特許がどんなにすばらしいものであっても、 特許の有効期限は20年であり、iPodが発売された年には、 少なくとも彼の最初の特許は期限切れのはずである。特許の本来の目的に則すれば、 期限がきた特許は自由に利用可能とし、人類のために広く公開するべきである。 もちろん、彼は当初の特許ではなく、関連特許によってAppleを「攻撃」するつもりだろうが、 特許の本来の精神には反していると言えよう。

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]
_ naruse (2004-06-08 21:35)

ちょっとSonyは簡単に金払いすぎ。富士通みたいにもっと戦おうよ・・・。

_ ま2 (2004-06-09 10:14)

DBベースのメーラーなら昔マック用にありましたよね。受信したメールは全て1つのDBに格納されて,「フォルダ」はDBの検索条件として実装されていました。これだと1つのメールが複数の「フォルダ」にあっても矛盾しないとか,「フォルダ」の条件をほいほい変えても大丈夫とか,けっこう面白かったです。

_ ごめ (2004-06-11 15:51)

>U-20プログラミングコンテスト<br>ご返答ありがとうございます。<br>平成16年3月に専門学校を卒業して<br>現在,無謀にも大学の先生を目指して東京電機大学で勉強しています。<br> 学校の卒業研究で優秀賞をもらった遠隔操作&ファイル交換ソフト(使い方を間違えるとハッキングソフト?)を応募してみます。<br>どうもありがとうございます。

_ りゅう (2004-06-14 22:58)

「++Mail(ぷらぷらメール)」ですね。<DBベースのメーラー<br>http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/981109/puram.htm

_ (2005-03-29 14:30)

》特許の有効期限<br>20年って日本だけでしょ?

お名前:
E-mail:
コメント:
[]

«前の日記(2004-06-07) 最新 次の日記(2004-06-09)» 編集

track feed Matzにっき Creative Commons License This work is licensed under a Creative Commons License.