«前の日記(2007-09-13) 最新 次の日記(2007-09-15)» 編集

Matzにっき


2007-09-14 [長年日記]

_ モデリングフォーラム 2007

先日も書いた通り、「好きに話してください」と依頼されたので好きに話してきた。 タイトルも「Rubyからのメッセージ」。 要するに「言語おたく」全開の話(ほんとはちょっとセーブしてるけど)。

モデリングな人々置いてきぼりのような気がしないでもないが、 そこはそれ。メッセージをから意味を読み取るのはレシーバの責務ということで。

責務と言えば、前日のキーノートは 「Responsibility Driven Approach」のRebbecca Wirfs-Brockだったのだそうだ。 彼女のファンとしては惜しいことをした。

_ 仕事耕具:“旧ソ連の発明法則”でアイデア出し──「智慧カード」 - ITmedia Biz.ID

これすごい。

物体は軽くすれば強度は弱まり、強度を強めれば重くなることが多い。この「物体の重さ」と「強度」の項目もマトリックスの縦と横に入っており、その交差する部分には「非機械的なシステムで機械的なシステムを交換する」「高価で耐久性のある物の代わりに、経済的で寿命の短い物を使う」「機械的振動」「複合的な物質」といった4つの技術的ブレークスルーが書かれている。このブレークスルーをヒントにすると、いいアイデアが産まれる──というわけだ。

うむ、これに従うだけで技術的ブレークスルーを実現できる(可能性が高い)、 というわけだ。

しかし、このような技術的ブレークスルーって ソフトウェアにもありそう。こういうのをきちんと蓄積していくことで ソフトウェア開発の進歩が速められるかも。

たとえば、メモリと速度がトレードオフの関係になっていることから、

  • 副作用のない処理をキャッシュする
  • 速度の遅いディスクの代わりに速度の速いメモリを使う
  • メモリを大きなチャンクで切り出してくる
  • 計算をテーブルで置換する。あるいはその逆

とか。うーん、いまいちだが、まずはとっかかりとして。

_ [知財] 「フェアユース」の経済効果は4兆5,000億ドル、米業界団体調査

締めつけることしか考えてない近視眼的な権利団体の連中に読ませてやりたい。 いや、読んでも信じないんだろうけど。

私は(もともとそんなにこだわってないし)新しい音楽とテレビには そろそろ見切りをつけはじめている。 だって生活必需品じゃないんだもの。

_ [Ruby] urekatのスカンク日記3 - Softbank 705SHからUTF8で絵文字が来ましたCommentsAdd Star

うわぁ、UTF-8で絵文字かぁ。 ケータイの世界はなにが起きるか分からないなぁ。

なんとなく「イヤな臭い」がする。 きっと将来苦労するんじゃないだろうか。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
_ 成瀬 (2007-09-25 05:56)

三社とも絵文字のUnicodeへのマッピングは持っていますよ。とはいっても、旧来Shift_JISにマップしていたものをUnicodeのユーザ定義領域に並べただけなので、そこまで突飛な物でもなかったりもします。SoftbankのShift_JIS絵文字はエスケープを駆使したヘンな方式なんで、とりあえずUnicodeの方がマシってのもあるのでしょう。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]

«前の日記(2007-09-13) 最新 次の日記(2007-09-15)» 編集

track feed Matzにっき Creative Commons License This work is licensed under a Creative Commons License.