«前の日記(2007-04-15) 最新 次の日記(2007-04-17)» 編集

Matzにっき


2007-04-16 [長年日記]

_ [言語] James Clark's Random Thoughts: XML and JSON

James Clark、JSONについて語る。

ネームスペースがない、という指摘はわかるようなわからないような。 確かに表現すべきデータ構造が複雑になった時に ネームスペースのようなものがほしいことは、もしかしたらあるのかもしれないけど、 ほとんどの場合には「配列、マップ(オブジェクト)、文字列、数値」で 表現可能なのではないだろうか。

それを越える場合には、確かにJSONではカバーしきれないだろうが、 ごくまれな特殊なケースのために巨大な道具を持ち込むのは間違っている、と思う。 もともとXMLも、巨大すぎるSGMLや一貫性のないHTMLへの対案として誕生したはずなのに、 今や(well-formedな一貫性は維持されてると思うけど)、 揶揄の対象になるくらい巨大になってしまったような気がする。

JSONについては、外から受け取ったデータを 安易にevalに渡してしまうようなケースの方が心配。

_ [言語] Kamen Lisp

クライアントサイドで動作するLisp、らしい。

というか、ラムダをバックにした仮面ライダーストロンガーの印象が 強烈すぎて、他のことがふっとびそう。

_ [Ruby] Ola Bini on Java, Lisp, Ruby and AI: ThoughtWorks

あまり目立たないがJRubyの立役者であるOla Biniが大学から ThoughtWorks(Martin Fowlerがいるところ)に移って、 フルタイムのJRuby開発者になる、という話。

すげー。

っていうか、 本家Ruby開発者は(私以外は)なかなかフルタイムという話はないのにな。 笹田くんは結構近いけど。 それを思うとやっぱJavaの威光はすごいな。

_ [言語] 言語の歴史(Lisp, C)

_ [Ruby] 「Google恐れるに足らず、パートナーと協業し日本独自のSaaSを」、アスタリクス社長に聞く:ITpro

アスタリクスの中島社長のインタビュー。

「Google恐れるに足らず」というのは強気な発言であるが、 日本ベースであるがゆえにGoogleにはできないことはあるだろう。 エンタープライズRubyの先駆けとしてぜひ成功していただきたい。

NaClも応援している。実際に一部開発してるし。

_ [Ruby] Scaling to multiple databases with Rails (Loud Thinking)

「Twitterの中の人」Alex Payneがインタビュー

ぼくたちは世界最大のRailsユーザーだと思うけど(毎秒11,000リクエスト受けたことがある)、Railsはスケーラビリティが課題だよね。Railsは同時に複数のDBと話すことができないし(超訳)

と、発言したのに対して、DHHが

RubyもRailsもオープンソースだし、簡単に手を入れられるんだから 誰かが自分の問題を解決してくれないか、口をあけて待ってるんじゃなくて 自分で解決して世界に貢献したらいいのに

発言

それを受けて、解決手段であるMagic Multi-ConnectionsNic Williamsがリリースという流れ。

どこに突っ込めばよいのかわからない、この流れ。

DHHの挑発的な応答もさることながら、 それに対してわずか75行のプラグインで対応できてしまうNic Williamsのセンスや そもそもそれを可能にしたRailsというアーキテクチャ、 またその背後にあるRubyのパワーなど、考えるべきことはいろいろある。

_ デイトレーダー型新入社員を見くびるな (ニュースを斬る):NBonline(日経ビジネス オンライン)

「我慢して頑張る」を嫌う「新人類」型新入社員について。

かくいう私の世代は世に言う「新人類」という言葉で最初に形容された世代になるのだが、 この「我慢して頑張る」を嫌う感覚はよく分かる。 会社が一方的に押しつける都合を嫌い、「頑張る」必然性を見いださない。

っていうか、会社と従業員との関係は常にWin-Winであることを目指すべきで、 従業員が一方的に我慢する構造というのは間違っている。 この業界、徹夜しても仕事を完遂する「すばらしい」人は多いのだが、 そのすばらしい働きは、ほとんどの場合、さほど評価されない。 私にはその「報われない」責任感がよくわからない。なんで我慢できるんだろう。

あなたが(自らの身を削ってまで完遂する)すばらしい火消しでも、 たぶん、あなたは出世しない。あなたのキャリアはいつもトラブルの渦中にあるのだから。 経営者からは、あなたはトラブルとワンセットでしか見られない。

プロジェクトが火を噴いているのは、たぶん、あなたのせいではない。 でも、責任をとって徹夜するのはあなただ。 「遅れてすみません」と頭を下げるのはあなただ。

でも、会社はたぶんあなたに報いてくれない。 責任者はあなたに感謝はするだろうけど、それ以上ではない。

それでもなぜ頑張るのか。 一度や二度の突発的な事態なら仕方がないかもしれない。 でも、これが恒常的になるなら、あなたは転職を考えた方がよい、と思う。

「我慢して」も「頑張っても」、将来報われるなんてことは期待できないと思う。 今三十代より下の人にとっては「将来のおいしいパイ」なんてのは、 上の世代がぜんぶ食い散らかした後だ。

「怠けてもよい」とは言わないが、楽しんで仕事すること、充実した仕事をすること、 そして、会社とWin-Winの関係を築くことを、もうちょっと真剣に考えてもよいと思う。

_ 長男誕生日

長男、誕生日。10歳。ケーキを食べる。

本日のツッコミ(全9件) [ツッコミを入れる]
_ ひがき (2007-04-20 18:20)

> なんで我慢できるんだろう。<br>それがぼくには楽しかったから……とか。<br>実際「あのピンチは俺達じゃなきゃ乗り越えられなかったぜ」と目を輝かせる人はいます。<br>私は転職しましたけどね。

_ まつもと (2007-04-20 18:32)

それならそれでいいんです>楽しかったなら<br>私の場合でも、Rubyの開発にはすごい手間も時間もかかってますが、それは「楽しかったから」で、別に我慢もしてませんし、苦労だとも思っていません。<br>今回話してるのは、そうでない「我慢している」人たちのことです。

_ naruse (2007-04-20 20:39)

以前日記で取り上げられているJSONパーサーがビルドにも対応したようなので、これを取り込みませんか。<br>http://webos-goodies.jp/archives/51071565.html<br><br>「eval などを使わずにまともに解析している」らしいので「安易にeval」する独自実装を減らすこともできるでしょうし。<br>メンテナもわたしがやります。

_ knu (2007-04-20 21:16)

そうそう、JSONライブラリの決定版があったら取り込みたいとずっと考えていました。<br>decodeが「加工→eval」だったり、encodeが「inspect→加工」だったりする本質的に危険な実装は嫌だったので、手元では自分で書いたやつを使っていますが、取り込める品質のものがもう出ましたか。見てみましょうー

_ まつもと (2007-04-21 00:09)

1.9で実験的に取り込んでみましょうか。JSONライブラリ。

_ c-yan (2007-04-21 00:53)

でも楽しいといってやる人達がいると、あいつはやってるのにお前は何でやらないんだと言う人が出ちゃうんですよね. 世の中難しい.

_ 通りすがり (2007-04-21 05:11)

世の中には我慢しないとできない仕事と我慢してやってもしょうがない仕事というのがあって、一概に我慢を否定することはできません。<br>我慢したくなければ後者の仕事を選ぶことができるようにうまく身の振り方を考えるというのが処世術というものですが、負け組はどうしても発生しますね。

_ naruse (2007-04-21 12:28)

前向きなようですので、ruby-devで話を出しました。

_ べつの通りすがり (2007-04-23 02:04)

一概に我慢を否定するものではないんだけど、とにかく根性論を振りかざす人には無駄な努力を強要する人が多いんですよね。しかも反論しようものなら左遷、降格なんでもあり。<br><br>PS:Lispってこういうネタが多いんだろうか?<br>http://lyrical.bugyo.tk/

お名前:
E-mail:
コメント:
[]

«前の日記(2007-04-15) 最新 次の日記(2007-04-17)» 編集

track feed Matzにっき Creative Commons License This work is licensed under a Creative Commons License.