«前の日記(2006-12-21) 最新 次の日記(2006-12-23)» 編集

Matzにっき


2006-12-22 [長年日記]

_ [OSS] 「日・中・韓独自のOSSコミュニティを作るべき」--北東アジアOSS推進フォーラムにて

なぜ今ごろ、とも思うのだが。

で、もう一つの「なぜ」は、なぜ「独自のOSSコミュニティを作るべき」なのか。 記事を読んでもその理由はさっぱりわからない。

Kim氏は、「われわれ北東アジアの3カ国は、CE Linuxを除き、今のところOSSの生産国というよりユーザーに過ぎず、国際的なコミュニティに貢献できることも少ない」と話す。その理由のひとつは、「アジアで開発力のあるデベロッパーは1カ所に集まっておらず、力を合わせることなくばらばらに活動していることにあるのではないか」とKim氏は指摘する。そこで、北東アジア独自のコミュニティを作ってはどうかというのだ。

「アジアがOSSユーザに過ぎない」というのは分からないでもないし、 貢献が少ないので改善したいと言う気持ちも分かるが、 だからといって「1カ所に集まって、力を合わせる」ことが必要なのかなあ。

まあ、face to faceのコミュニケーションで話が進むことは多いのは認めるが、 決して必須ではないし、どうせ英語でコミュニケーションするのであれば アジア限定にする理由も見当たらない。

もうちょっとなにがしたいのか見守りたい。

_ [Ruby] ITmedia エンタープライズ:まつもとゆきひろ−第1回:オープンソースという「お仕事」

先日の風穴さんによるインタビューをまとめたもの。

「ちょっと違う視点からのインタビューを行いたい」という申し出の通り、 オープンソースで仕事してる人としてまつもとが表現されている、かも。

あまり仕事をしないのに、対外的な知名度だけが上がっていったので、結果的に会社としては、このような形でしか(まつもとを)使えなかったということだったのではないかと(笑)。

は本音。いやあ、首にならなくて良かった。経営者の忍耐のおかげである。

_ [教会] クリスマス会準備

明日のクリスマス会のための準備。ハロウィーンの時もそうだったが、 前日の準備も楽しいものだ。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
_ あらいしゅんいち (2006-12-31 12:30)

日本から見るのと韓国から見るのは結構印象が違うと思います。<br>韓国では高校や大学で日本語を学んでいる方が多いし、<br>もうちょっと近い存在のような気がします。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]

«前の日記(2006-12-21) 最新 次の日記(2006-12-23)» 編集

track feed Matzにっき Creative Commons License This work is licensed under a Creative Commons License.