«前の日記(2003-08-31) 最新 次の日記(2003-09-02)» 編集

Matzにっき


2003-09-01 防災の日 [長年日記]

_ [Ruby]ささやかな夢

Rubyに関して、私にはささやかな夢がふたつある。

ひとつはふらっと入った田舎の本屋(スーパーとかに入ってる)でRubyの本を見かけること。 コンピュータ関係の本を揃えてるところではもう珍しくはないが、 まだ小さい本屋では見かけない。LinuxやCGIの本は置いてあるので、もう少しかな。

もうひとつは、うちの子(か親戚の子)が授業でRubyを使うことになって、 「先生、Rubyはうちのお父さん(おじさん)が作りました」ということ。 これはちょっと遠そう。

それはさておき。

今日、NHKの『クローズアップ現代』見ていたら、地震研究者のコンピュータの画面が映っていた。 液晶ディスプレイのとなりにはコンピュータ書籍が並んでいて、 『プログラミングPerl(第2版)』と『はじめてのPerl』が映っていた。

「ああ、Perlな人なんだなあ」と思い、興味を引かれて一時停止してよく見ると、 なんと『たのしいRuby』も映っていた。他の本の上に置いてあったので、 より頻繁に参照していただいているのかもしれない。

ありがたいことだ。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]
_ AC (2003-09-02 03:02)

むしろ親子でruby-devも夢ではないですよ。

_ 通りすがり (2003-09-02 04:50)

「パパってRubyの作者なの?」(「パパってビートルズだったの?」ジョン・レノンに向かって行ったショーン・レノンのセリフ)

_ こぱんだ (2003-09-02 14:31)

親子で酒を呑みながらペアプログラミングはどうでしょう。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]

«前の日記(2003-08-31) 最新 次の日記(2003-09-02)» 編集

track feed Matzにっき Creative Commons License This work is licensed under a Creative Commons License.