«前の日記(2008-02-25) 最新 次の日記(2008-02-27)» 編集

Matzにっき


2008-02-26 [長年日記]

_ [Ruby] KIISセミナー

時差ぼけも抜けきらないうちに 大阪でセミナー。

今回はオープンソースをお題に、

  • まつもとゆきひろ(NaCl,楽天)
  • 岡田良太郎(IPA,テックスタイル)
  • 谷本収(住友電工情報システム)
  • 井上浩(NaCl)

による講演。

夜は田代OSSセンター長から夕食のお誘いもあったのだが、 まっすぐ帰ることにする。

帰りの飛行機で、アメリカに一緒に行った島大の先生に会う。 月曜、火曜と長崎だったという。どんだけタフなんだ。ありえん。

_ 国内ベンチャーの海外進出ってどうなの?:CNET Japan オンラインパネルディスカッション - CNET Japan

そういう意味では、実は東京は新しい価値を生み出す必然性が乏しい土地なのかもしれない。今までの価値観で物事がすごい勢いで流れている。その流れの中での勝負。

必然性という意味では、今までのやり方では勝てなかった土地にこそチャンスがあるのかもしれない。新しいやりかた、インターネットなどのテクノロジーを駆使しないと勝てない土地。

これがインターネットを活かした新しいサービスが生まれる土地なのかもしれない。

そうなのか。

私の住んでいるあたりは「今までのやり方では勝てない」という点では よそに負けない自信があるが(なんてネガティブな自信)、 ここから「新しいサービス」を誕生させるためには 民間にちょっと危機感が足りないかもしれない。

行政はかなり危機感を持ってて、それがRubyCity MATSUEとかにつながっているわけだが。

_ [OSS] アドビ、SQLite Consortiumに参加で開発を支援:ニュース - CNET Japan

SQLiteの開発にリソースが集まるのはいいことだと思う。

ところで、参照先の記事には

SQLiteは、厳密な意味ではオープンソースソフトウェアではない点に注意すべきだ。SQLiteの基本的なソースコードはパブリックドメインの下で公開されているが、これはOpen Source Initiative(OSI)が定めているOpen Source Definitionの技術要件を満たしていない。

とあるのだが、パブリックドメインがOSDを満たさないというのは初耳だ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ okdt (2008-03-01 23:45)

おつかれさまでした。議論食傷気味だよね、という談義を井上さんとしていました。という私も、その話も中途半端に東京に戻ってしまいました。<br><br>また後日、何かの機会に。

_ knok (2008-03-03 14:33)

http://www.gnu.org/philosophy/categories.ja.html<br>GNU Projectのページで分かりやすい図解があるのですが、パブリックドメインはフリーソフトウェアであり、なおかつオープンソースソフトウェアでもありますよね。<br><br>英語記事の翻訳だったので原文とコメントを見てみたのですが、「別に好きなライセンスで再配布できるよね?」というコメントはありました。<br>そもそもパブリックドメインはライセンスではないので、OSIが公式に承認していない(しようがない)とか、そういう話を勘違いしているのではないかと思います。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]

«前の日記(2008-02-25) 最新 次の日記(2008-02-27)» 編集

track feed Matzにっき Creative Commons License This work is licensed under a Creative Commons License.