«前の日記(2007-07-31) 最新 次の日記(2007-08-02)» 編集

Matzにっき


2007-08-01 [長年日記]

_ [言語] 連載:C# 2.0入門 第3回 新しい繰り返しのスタイル − yield return文とForEachメソッド − @IT

C# 2.0のyield文の解説。

ここでRubyを説明の例に出したのは、Rubyが優秀な言語であり、C#は努力によってRubyに近づくことができる……という主張を行うためではない。 Rubyは面白い言語ではあるが、本来の能力から見ると、最近の社会的な評価は過剰に高すぎるという印象がある。逆に、C#は本来の能力から見ると、社会的な評価が過剰に低すぎる感がある。筆者の漠然とした印象からいえば、個別の機能ではなく総合力で見ればRubyよりもC# 2.0の方がはるかに強力であり、実用性は高いと感じる。

この記事の作者が「本来の能力」とか、「実用性」というのを どう捉えているかに大きく依存するとは思うが、 「最近の(Rubyの)社会的な評価は過剰に高すぎる」という印象は理解できる。

が、しかし、この記事を読み進めていくと、 C#のyield文とかが、決してわかりやすくも、 使いやすくもないことが分かる(catchできないとか)。

文脈から考えると「総合力」とか「強力」というのは パフォーマンスのことだと思うが、性能はともかく純粋の言語設計の善し悪しで 見るとC#はRubyの足下にも及ばないと思う。

ま、そのぶん、効率良い実装は大変で、実装者は苦しい思いをしてるんだけど。

_ [Ruby] Shoes, a Tiny Toolkit for Making Browser-like Things

新しいwhyプロダクト、ShoesはGUIツールキット。 サンプルはこんな感じ。

Shoes.app do
  button "Press Me" do
    alert "You pressed me"
  end
end

こういうAPIは好みだ。

GUI記述はコンパクトな方がよい。GUIに限らないけど。

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]
_ (2007-08-13 00:36)

>C#はRubyの足下にも及ばないと思う。<br>これはさすがに言い過ぎだという印象。

_ ららら (2007-08-13 07:09)

どんぐりのせいくらべ

_ Juno (2007-08-13 12:45)

> この記事の作者<br> まあ川俣さんですから。

_ Average (2007-08-14 00:26)

川俣さんはC#について、動的なwebページを作る場合、デバッガで追いかけるとサーバの内部まで追いかけられたり、等Webページ総合運用の観点からC#イケてる、という趣旨の事をwww.atmarkit.co.jpで述べていました。

_ C#ファン (2007-08-22 14:40)

C#はコンパイルが瞬速で終わってその時大部分のミスが検出され<br>IDEが書くべきソースコードをみんな補完してくれます<br>何より型が静的に決まってるので安全です<br>Rubyは動的型言語の中ではがんばってるとは思いますけど<br>総合力ではどうしたって敵いません

お名前:
E-mail:
コメント:
[]

«前の日記(2007-07-31) 最新 次の日記(2007-08-02)» 編集

track feed Matzにっき Creative Commons License This work is licensed under a Creative Commons License.