«前の日記(2006-05-24) 最新 次の日記(2006-05-26)» 編集

Matzにっき


2006-05-25 [長年日記]

_ [Ruby] Zed on Ruby, Rails, Mongrel, and More - O'Reilly Ruby

Rubyによる高速WebサーバーMogrelの開発者、Zed Shaw へのインタビュー。

個人的に一番感銘を受けたのは、実はインタビュアーであるPat Eylerの経歴

Pat Eyler is an Infrastructure Engineer for the LDS Church by profession, a Ruby geek by choice, and a writer by night. He enjoys reading, cooking, spending time with his family, and helping to build the Ruby community.

同じ教会の人だとは知ってたけど、フルタイムで教会職員をしているとは知らなかった。 実は、教会公式サイトでもRubyが動いていたりして。

さて、第三者にはどうでもいい話は置いといて、 インタビューを読むと彼が速度と信頼性についてきちんと考えていることがわかる。 ちゃんと測定、ちゃんとテスト。これにまさるツールはない。

_ 子ども・家族にかけるお金を考える(第10回)

いや、老後のことを考えると子供がいて、 その子が面倒を見てくれるというのが理想ではあるが、 それを理由に結婚したり出産する人はあまりいないような気がする。

それを考えると、この文章の説得力が急に下がる気がするのはなぜだろうか。

いや、子供はかわいいけどね。

_ Summer of Code Advice For Ruby Central Applications

RubyGemsの原作者(というか発案者)でもあるRyan Leavengoodがまとめた Google Summer of Codeに(Ruby関連で)参加する人へのアドバイス。

  1. Rails関連のプロジェクトで応募しない。今回のホストはRubyCentrailであって、RailsCentralではない。また、「人手が足りないところ」という点ではRubyの方がたくさんある。
  2. オリジナルであれ。人まねは採用されない。
  3. 成果物を具体的に。なにをするのか曖昧な応募が多すぎる。
  4. コミュニティで知られるように。ruby-talkで見たことのある人ならそれだけで注目される。
  5. Google templateを使わない。つまらない応募になってしまう。
  6. 早めに応募し、必要に応じて応募内容を改定すること。メンターとしてはあんまり言いたくないが、早い方が注目されやすい。50も応募を受けると〆切直前に来たものをずっと早く来たものと同じ集中力でチェックするのは困難だ。メンターも人間だし。
  7. 応募内容を自分でよく再確認した上、他人にも読んでもらうこと。

他の応募(未踏とか)でもある程度あてはまりそう。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]
_ 通りすがり (2006-06-02 18:29)

直接的な世話をされなくても、老いて気が弱くなったときに<br>「子供がいる」ということだけでかなりの助けになる、と<br>最近感じました(自分の親を見て&自分も親になってみて)。

_ まつもと (2006-06-02 19:30)

そうなんですけどねえ。<br>子供の有り難さは私も日々実感しているのですが、それでもなお、子供の「メリット」を理詰めで説明しようとするととたんに説得力がなくなるような気がするのは私だけでしょうか。

_ えむ (2006-06-02 21:05)

先のことを考えると子供達が大きくなったとき自分の近くに居るとは思えませ<br>んけどね。<br>自分の場合「親離れ」出来なかったのか地元・大阪にへばりついてますけどね。<br>私の姉夫婦は現在島根(出雲)在住ですが姪は大阪に戻りたがっています。<br>それを燃料に大学受験頑張ってるみたいですし。<br># そういえば甥は松江高専蹴って出雲高校に行ってしまいました。<br># 寮暮らしが嫌なマザコンらしい。姪談。<br><br>それと少子化はお金のせいですか。時間の方が大きいような気がしますけどね。<br>経済的に苦しい家庭は時間を換金しているんですよね?<br>「あ〜私の時間が無い…」と言う親は昔に比べて多いと思いますよ。<br>私も挙手しますけど。^^;<br>私の世代(60's)の親は週休二日でもなかったけど日曜日にどこかに連れて行っ<br>てくれました。気が向いたらでしたけどね。<br>PTAの催しでも日曜実施になると集客率下がりますし…。<br># 現在幼稚園のPTA役員やってます。<br><br>あと子供によって得られるのは動物としての進化でしょうか。<br>子供を作らないと動物としての行程を一巡出来てないと思います。<br>それが大切だと考える人が多いとも思えないけど私には重要。<br>子供が居ないと分からなかったことは多かったと思う。<br>ただ思うだけでその内容を記すことが出来ないので気のせいのような気もしますが

_ まつもと (2006-06-02 22:04)

「お金よりも時間が要因」には同感ですねえ。時間取られますもの、子育てには。<br>で、それに勝る価値を見いだしているから育児してるわけなんですけど(いや、妻にだいぶ任せてるんだけど)、その「価値」を言語化するとウソっぽく聞こえちゃうのがもどかしいんですよねえ。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]

«前の日記(2006-05-24) 最新 次の日記(2006-05-26)» 編集

track feed Matzにっき Creative Commons License This work is licensed under a Creative Commons License.