«前の日記(2005-01-30) 最新 次の日記(2005-02-01)» 編集

Matzにっき


2005-01-31 [長年日記]

_ [特許]「本当にオープン?」、米Sunの特許無償提供に民間団体が異議

先日、懸念を表明したSunの特許開示だが、 PUBPATも異議を唱えているようだ。

PUBPATは、「Sun社の発表は関連の法律書類と比べてあまりに広範囲だった。Sun社の特許に対して一般(開発者)がどういった権利を持ちえるのかという疑問が残る」と指摘する。「Sun社があとになって特許侵害を追求することができてしまうのかどうか、オープンソース・ソフトウエアの開発者にはっきりと説明するべきだ」(PUBPAT)

PUBPATは意見書で、「どのライセンスを適用すれば安全にSun社の特許を利用できるのか」「Sun社は第三者が記述したソフトウエアに対して特許権の主張を放棄するのか」などの質問を挙げたほか、同社と米Microsoftとの関係が特許やオープンソース・コミュニティに与える影響についても懸念を示した。

PUBPATは開発者に対し、「Sun社の言葉に惑わされないように注意するべきだ。実際に許可される以上のことをSun社が与えてくれていると勘違いしてはならない」と忠告している。

まったくもってもっともだ。

「Matzにっき」はPUBPATを応援します。

_ [OSS] FSFは将来のGPLに対してフリーハンドか

うちのコメント欄でGPL3についての議論が続いている。が、あんまり熱が入り過ぎて、 結城さんにも「長くて読めない」と言われている

今回の議論で登場した危機の具体的な例というのは、私の知る範囲内では

  • FSFがGPL3をBSD様にしたら
  • FSFが「破産」し、資産(GNUソフトウェア)が第三者の所有となり、 フリーソフトウェアではなくなったら

くらいしか出ていないと思う(特許についても危険性がほのめかされていたが「具体的」とは思えなかった)。 これらは確かに具体的ではあるが、正直なところ、間違ってもこれを「現実的な例」とは呼べないと思う。 たとえStallmanがバスにはねられても、FSFがそんな「発狂」した行動を取るとは思えない。 まかり間違ってGNUソフトウェアが「誰かのもの」になったとしても ライセンスは過去に遡って変更できないから、フリーソフトウェアとしてのGNUソフトウェアがなくなることはない。また、フリーソフトウェアにとってあるソフトウェアが途中からフリーでなくなるというような 「攻撃」は過去頻繁に起きてきたたことだ(たとえば最近だとsourceforgeが思い出される)。 FSFがGNUソフトウェアの権利を保持することで、そのような危険性がほんの少し上がるとしても、 FSFが権利関係の調停で忙殺されるデメリットに比べたらゼロに等しい。要はバランスだ。 こんなことをいちいち心配するくらいなら、天から隕石が落ちてくることを心配する方がマシだ。

もうちょっと現実的な例が出てこない限り、 素人同士がいろいろ意見を突き合わせても、 世間に与えるインパクトはゼロに近く、 FSFになんらかの影響を与える可能性もほとんど期待できない。 「茶飲み話」以上の建設的な議論にはならないんじゃないだろうか。

ところで、先週末になってやっと思いついたのだが、 FSFは将来のGPLに対して本当にフリーハンドなのだろうか。

GPLの第9条にはこうある

9. The Free Software Foundation may publish revised and/or new versions of the General Public License from time to time. Such new versions will be similar in spirit to the present version, but may differ in detail to address new problems or concerns.

つまり、新しいGPLは現在のGPLに対して「similar in spirit」であると宣言されている。 であれば、FSFは新しいGPLを「GPLの精神の合致したもの」とする (たとえば単純なBSDライセンスにするような類の変更を行うことはしない)、 と約束していると考えてもよいのではないか。

その結果、将来のGPLがライセンサ(ソフトウェア権利保持者)の視点から、 「現在のGPLの精神と類似でない」と感じられたら、 「それはlater versionとは見なさない」と(後から)宣言できるような気がする。 権利がFSFに移行しているGNUソフトウェアの場合と違って、 単にGPLを適用しただけのソフトウェアの場合には、 FSFは様式を定義しただけの第三者なので、強制力は持たないはずだ。

「契約としてはいいかげん」というのは認めるけど、 「双方誠意をもって対応する」なんて平気で書いちゃう契約も結構見かけるし、なにより、 少なくとも日本の法律ではGPLはまだ「契約か、権利の不行使宣言か」すら弁護士でも判断できないレベルのはずだし。

より明確にするならば、「any later version, unless the author refuses explicitly」とでも書くか。 特にお薦めはしないけど。

本日のツッコミ(全15件) [ツッコミを入れる]
_ tach (2005-02-01 17:01)

Matz にっきに trackback を送ったのですが,うまく受信できていないようです.<br>http://tach.arege.net/d/20050201.html#p02 から送りました.ここから他の tDiary 記事には送ることができています.申し訳ありませんが,よろしくお願いします.

_ kazuho (2005-02-01 17:11)

『「契約としてはいいかげん」というのは認めるけど』、どう問題か検討することは『「茶飲み話」以上の建設的な議論にはならない』ということですね。<br>「理念」さえ信じられれば「契約」はいい加減でもよい、という極めて独特な規範に基づいて<br> 1) 自説を主張されていること<br> 2) 他人に GPL を勧められていること<br>が、よくわかりました。もう何も申し上げることはありません。<br>今までおつきあいいただきありがとうございました。

_ 通りすがり (2005-02-01 17:15)

Slashdotにこんな記事が出ています。<br><br>RMS Blasts Sun's Open Source Patent Licensing<br>http://yro.slashdot.org/article.pl?sid=05/01/31/1934221

_ mad-p (2005-02-01 17:26)

いやいや、破産したら……ってのは割と現実的な例ですよ。普通の契約書でも「甲または乙が他社に買収されても機密保持条項は期限まで有効」とか書く場合ありますし。<br><br>一般的に「契約」というのは「すべての場合を尽くすように重箱の隅まで網羅的に書く」ものではなく、「係争になったとき合理的に判定できるためのよりどころとなるように書く」ものですよね。「双方誠意をもって対応する」は「後になって考えるのでよいと双方が契約時点で合意していた」ということが記述されているのです。例えば「similar in spirit」は後から係争になったときよりどころとできると思います。

_ pot (2005-02-01 22:13)

結局 kazuhoさんは何がしたかったんでしょうか。<br><br>もしGPLが問題である、ツブさなければ危険だ、というのであれば、まつもとさんのようにGPLを宣伝している人を説得しなければならないでしょうが、どうもそういうわけではなさそうでした。<br><br>かといって、GPLを改善してFSFやstallman氏の意見をより正確に反映させたい、というような意図も感じられませんでした。<br><br>ただのFUDだったのでしょうか。それともアクセス稼ぎかな。

_ まつもと (2005-02-01 23:40)

kazuhoさんへ。<br><br>私はGPLに「契約としてはいいかげん」というところがあるのは認めますが、「どう問題か考えること」そのものを「建設的な議論にならない」という趣旨の発言をした覚えはありません。また、「理念さえ信じられれば契約はいいかげんでもよい」という発言もしたことはありません。断定的な発言を行う前に、私の意図を確認してくださればよかったと思います。<br><br>私の主張をまとめると以下のとおりです。<br><br>私はkazuhoさんが主張される「危険性」を否定する材料を持っていません。あらゆる仮定、前提を置かなければ「問題はない」と断言することは不可能でしょう。ですから、「危険の可能性はゼロではない」ことになります。しかし、隕石にあたってケガをする可能性も同様にゼロではありません。<br><br>さて、その可能性に実際に対処するためには、ただ単に「危険がありえる」ことだけではなく、「どのような危険があるのか」が具体的に明確にならなければならないと思います。具体的な危険を予見しなければ、「どのような対処が必要か」を決定することができないからです。私が「建設的な議論にならない」という理由はここです。今回の議論で「現実的な具体的な危険」はまだ提示されていないと思います、提示された危険は、いずれも具体的でないか、現実的でないように見えました。少なくとも私の視点からは。<br><br>私自身は、将来のGPLに対して具体的かつ現実的な問題を想像することができません。誤解のないように念のため繰り返すと、私の限られた想像力で思いつかないことは危険が存在しないことをまったく意味しません。「私サイドから具体的な危険の例を提示できない」というだけのことです。<br><br>となれば、建設的な議論を行うためには、危険を予測し、警鐘を鳴らしていらっしゃるkazuhoさんから「具体的かつ現実的な危険」を提示していただくよりほかないのではないかと思っています。それなしでは「どのような対処を行えばその危険性を回避することができるか」ということも、「その回避策のメリット・デメリット」も論じることはできないと思います。<br><br>あるいは「危険性をゼロにすれば、具体的な危険を提示する必要はない」とお考えになるかもしれません。しかし、あらゆる危険性をゼロにすることはほとんどの場合不可能ですし、仮に可能であったとしても非現実的なコストがかかったり、副作用としてのデメリットの方が大きかったりするものです。<br><br>というわけで、建設的な議論を行いたいということであれば「具体的かつ現実的な危険」を提示していただくのが良いのではないかと思うわけです。<br><br>ま、kazuhoさんの方から「まつもととの対話はまっぴらだ」と言われてしまえば、そこまでなのですが。

_ AC (2005-02-02 01:15)

kazuhoさんは、相手に反論されると感情的な反発しかできない人のようですね。論理的な反論がひとつも無かったのが残念。

_ mad-p (2005-02-02 02:51)

実際、「any later version」をよく考えずにコピペだけしてしまって、自分の真意と違うと困っている著作権者(または開発コミュニティー)というのは存在するんですか? 私はそういう人やグループにはネット上でも会ったことがないのです。存在しないかもしれない人達の不利益を第三者である我々が心配しても虚しい気がします。<br><br>「真意でなくany later versionをつけてしまった著作権者」がいると仮定して、自分がそのソフトウェアのGPLの元でのユーザーだとさらに仮定して、自分はGPL3出現による「危険」の当事者でしょうか? (これは反語ではなく疑問です)

_ kazuho (2005-02-02 09:11)

まつもとさんへ:<br><br>まつもとさんの立場が、<br><br>『現実的な例が出てこない限り、「契約としてはいい加減」とは認められない』<br>あるいは<br>『現実的な例が出てきており、「契約としてはいい加減」というのは認める』<br><br>といずれかであるのなら納得がいきます。<br><br>しかし、まつもとさんは、<br><br>> もうちょっと現実的な例が出てこない限り〜「茶飲み話」以上の建設的な議論にはなら<br>> ない<br><br>とする一方で、<br><br>> 「契約としてはいいかげん」というのは認める<br><br>とされています。このような主張をされる方に対しては、私は 2005-02-01 17:11 のように申し上げるしかありません。<br>もちろん、まつもとさんの中で整合性は取れているのかもしれませんが、その場合は tach さんがおっしゃるようなケースであり、やはり議論はすれ違ったままでしょう。<br><br><br>mad-p さんへ:<br><br>「any later version」を正しく理解できていない開発者がいるのは、ここまでの議論に登場した方々を見る限りでも明らかだと思います。したがって、GPL3 の内容によっては「自分の真意と違う」と主張する人が現れるであろう、とするのは妥当であると考えます。<br><br>このあたりは、別のところで議論したほうがいいような気もしますが...

_ まつもと (2005-02-02 10:11)

kazuhoさんへ<br><br>あいにく、そのいずれでもありません。<br><br>「GPL2に契約としていいかげんなところがあるのは認める」というのは、つまり「将来法的な問題が発生しない保証はない」という意味です。これはある特定の問題の発生を予見しているわけではなく、GPL2の文面を読んでの印象です。特にGNUソフトウェア以外に適用する状況についての考察は十分ではないような気がしています。時期(1991年)を考えると無理はないのかもしれませんが。なお、私は「いいかげんな側面があっても(問題の発生する危険性が少々高まるだけで)契約は有効である」と考えています。<br><br>「現実的な例が出てきていない」というのは事実だと思っているのですが、kazuhoさんの認識では違うのですか。<br><br>結論としては「現実的な例は出てきていない。GPLは「契約としてはいいかげんなところがある」が、なお有効な文書であると思っている」です。<br><br>さて、「tachさんのおっしゃるようなケース」というのは<br><br> なぜこんなに議論が紛糾しているかというと,きっと両者の立場が違うから<br> だと思います.<br><br> kazuho さんは,GPL2 などのライセンス文などの法的文書(?)を根拠に懸念<br> を表明されていると思います.この懸念はもっともなことであり,とくに法<br> 的に争うようなことになれば重要な問題になるかもしれません.<br><br> http://tach.arege.net/d/20050201.html#p02<br><br>のことでしょうか。<br><br>私はこの件について違う考えを持っています。私はkazuhoさんの考えを否定はしていないからです。私は一貫して「現実的な危険性は予見できない」という立場であり、これはkazuhoさんの「危険性が存在する」という立場とは必ずしも矛盾しません。私は「予見できないのは私の能力の限界によるものであり、もしかしたら現実的な危険が存在する」可能性を否定していません。<br><br>しかし、可能性は否定しないものの、建設的な議論を行うためには「現実的かつ具体的な危険の例」が提示される必要があるという立場は変わりません。<br><br>ですから、「紛糾している」理由があるとしたら、私が繰り返し主張しているのにもかかわらずkazuhoさんが「現実的かつ具体的な危険の例」を提示してくださろうとしないから、あるいは「現実的かつ具体的な危険の例」の提示は不要と考えていらっしゃるからではないでしょうか。「現実的かつ具体的な危険の例」なしでは議論は進まず、枝葉末節な言葉尻を捉えることに終始してしまい、端からは「紛糾している」ように見えることでしょう。<br><br>別の可能性としては、私がkazuhoさんが望む反応をしないから、というのもありえますね。

_ kyara (2005-02-02 10:57)

kazuhoさんへ<br>>「any later version」を正しく理解できていない開発者がいるのは、ここまでの議論に登場した方々を見る限りでも明らかだと思います。したがって、GPL3 の内容によっては「自分の真意と違う」と主張する人が現れるであろう、とするのは妥当であると考えます。 <br>以上の主張の正しく理解できていないというのはどういうことでしょうか?<br>また、『「any later version」を正しく理解できていない開発者がいるのは』に関して、今までの議論で理解できてない方がいるのは明らかでないように思いますが、どのあたりの発言をみてそう思われたのでしょうか?

_ asagi (2005-02-02 11:30)

少なくとも GPL は素人の自分が考えるよりは全然ましなライセンスだと思う。とりあえず GPL は駄目だと主張する kazuho さんは GPL よりも優れたライセンスご存知のようだからそを提示して欲しいな。それと GPL を比較すれば kazuho さんが指摘される問題点がより明確になるのでは。

_ eco (2005-02-02 12:28)

まつもとさんへ<br><br>まつもとさんがどんどん意味不明になっているように感じます。<br>これまでに一度も契約が有効であるか無効であるかということは問題になっていなかったのに、論点がずりすぎです。そういうことをするから議論が無駄に紛糾するのです。<br><br>>別の可能性としては、私がkazuhoさんが望む反応をしないから、というのも<br>>ありえますね。<br><br>まつもとさんが上記のように感情的にならずにもうすこし理知的に反応されていれば別の展開があったかと思います。<br><br>以下、より低レベルな人たちに低レベルなメッセージ<br><br>potさんへ<br><br>Shame on you!<br><br>ACさんへ<br><br>論理を理解できない者がそれについてとやかく言うべからず。<br><br>kyaraさんへ<br><br>全部読んでてわからないのなら黙っているのが一番。<br><br>asagiさんへ<br><br>議論にわりこんで愛を語らないでいただきたい。

_ まつもと (2005-02-02 13:23)

「契約としていいかげん」うんぬんは本質に関係ないことを認めます。今後あまり脱線しないように気をつけます。また感情的な表現もできるだけ謹むようにしようと思います。ご忠告感謝します。<br><br>もっとも、他の人を「レベルが低い」とレッテルを貼るのは、他人の感情を害しかねないという点で同様に避けた方が良いと思いますよ。<br><br>この件については、実際のGNUソフトウェア開発者でもある奥地さんの言葉 http://enbug.tdiary.net/20050202.html#p01 がとても参考になると思います。というか、kazuhoさんのあげられた懸念はここでほぼ解消されるのではないでしょうか。

_ AC (2005-02-02 13:38)

別ACですが<br>ecoさん。<br>他人の考えを読みたくないならトラックバックでどうぞ。<br>不特定多数が書けるコメント欄で議論する必要はありません。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]

«前の日記(2005-01-30) 最新 次の日記(2005-02-01)» 編集

track feed Matzにっき Creative Commons License This work is licensed under a Creative Commons License.