«前の日記(2005-01-07) 最新 次の日記(2005-01-09)» 編集

Matzにっき


2005-01-08 [長年日記]

_ [言語]The Guido van Robot Programming Language

プログラミング言語に人の名前を付けるのは、ひところの流行だったわけだが*1、とうとう、Guido van Rossumの名前をとったものが登場。 名誉なことではないか。

その実体はロボットを操作する教育用言語(Python文法)だそうだ。

*1  だが、RubyはJack RubyやSam Rubyの名前を付けたわけではない

_ [OSS]A New Linux Business Model

オープンソースの問題点として、

  • 適切な報酬の欠如 (Remuneration and Just Rewards)
  • 特許からの保護の欠如 (Patent Protection)
  • 大衆へのアピールの欠如 (Reaching the Masses)

をあげ、それを解決することへのプロポーザル。 基本的には新しいコミュニティを意識した組織を作ることを考えているようなのだが、 それがうまくいくかどうかは、彼ら(amiculus.com)自身も自信がないようだ。

問題の把握は適切だ。が、それを解決するにはもう少し考察が必要な気がする。

_ [言語]Alan Ver0.08

Langsmithメーリングリストで発表された新言語。

ぶちあげたはいいが、なかなか議論が低調なlangsmithメーリングリストから、 最初に登場した言語として注目したい。なにより名前がいいな。絶対重複してそうだけど。

個人的な評価はとりあえず置いておいて、みなさんは、このAlanをどう思いましたか?

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]
_ AC (2005-01-10 17:21)

少なくとも名前については<br>Alan - Adventure language<br>http://www.welcome.to/alan-if<br>があるみたいですね

_ AC (2005-01-10 19:37)

Rossumつながりのダジャレだそうです。http://lowlife.jp/yasusii/blogmark/2004/02/16.html#BM111

_ xucker (2005-01-11 12:12)

適切な報酬の欠如 はGoogleの広告でまかなえそうな気がします。<br>それには、日本とか、各国語のドキュメントを公式サイトが保持しないといけないと思います。

_ まつもと (2005-01-11 16:46)

google adsenseでOSS開発をまかなえるほどの収入があるというのは、どんなサイトなんでしょう。結構アクセスがありそうなruby-lang.orgクラスでも私のおこづかいくらいで一人の生活も維持できないんですが。

_ i (2005-01-11 22:19)

言語やOSの開発は文化事業と似ていると思う、商業的な枠組みを外れて、開発者を文芸員として国が生活を保障するようにするといいかも...そして成果は国が保障するコモンズとなる<br>「封建主義者かく語りき」の受け売りですが(w

_ AC (2005-01-12 14:12)

とりあえずRubyの今までの開発費用を計算してみるとよいと思われ。<br>そうすりゃ10年間でどのくらいの予算がかかったかわかるわけだし。<br><br>予算といえば<br>http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/NEWS/20040830/149204/<br>ipaがんばれ。<br>あと<br>http://oss.mri.co.jp/floss-asia/summary.html<br>アジア全体ではLISPにもSchemeにもPrologにも負けている。<br>しかしSubversion(!?)とSmalltalkには勝っているようだ。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]

«前の日記(2005-01-07) 最新 次の日記(2005-01-09)» 編集

track feed Matzにっき Creative Commons License This work is licensed under a Creative Commons License.