«前の日記(2004-11-04) 最新 次の日記(2004-11-06)» 編集

Matzにっき


2004-11-05 [長年日記]

_ [知財]対談 小寺信良×津田大介(2)−音楽ファンとレコード会社の“思い”は、なぜすれ違うのか

私は音楽ファンではないが、いち消費者の立場から見ると不思議でしょうがない。

結局はレコード会社が旧来のやり方を変えたくないというのが一番大きいのだろうか。 司会者の言葉

CCCDでも、輸入権の問題でも、音楽業界は何らかの“コントロール”をユーザーの世界に持ち込みたがっているように見えて仕方ないんですよ。例えば、映画では昔から興行権が認められていて、どういう形で収益をあげていくのかは映画会社側でコントロールできますよね。

というのが印象に残った。

ただ、まあ、ちょうど最近コントロールを強化したいという気持ちをちょっと理解できる経験があった。

私の知人にはセミプロのミュージシャンがいる。 自費出版のCDを何枚か販売したり、コンサートを開いたりしている。 対象が限定されているので、手広くというわけにはいかないが、 ミニコンサートなどはそこそこの客の入りらしい。コアなファンがいるのか。

その彼から新CDが出るという手紙をもらった。その中の一節。

コンサートなどで「応援してます。友達からダビングしてもらったテープいつも聞いてます」と言われると複雑な気持ちです。応援してもらえるのはうれしいけど、CD買ってもらったらもっとうれしいですよね(笑)

まあ、レコーディング費用やCDのプレス代も回収しきれないようでは、 「買ってほしい」という気持ちはよくわかるし、コピーによる「売り上げ減」を目の当たりにするとそういう気持ちになるのも理解できる。違法だしな。

そういう状況で「(CCCDなどで)技術的に禁止できる」と言われたら、 手を出したくなる気持ちも分かるなあ。実際には 本当はコピーじゃなければそもそも彼の音楽を聴かなかったかもしれないから、 「減」とは言い切れないんだけど。

むしろ、「コストを安くして広く届ける」中で広く薄く費用を回収する方が長い目で見るとお得なんだと思う。だけど、最初にそれを行うのは勇気がいることだよなあ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ Skirnir (2004-11-10 13:02)

まつもとさんの文章を読ませて頂いて、セミプロのミュージシャンと趣味のオープンソースプログラマって似ているなと感じました。具体的には、<br>(1) メインの収入源が別にある、(2) 成果物の配布に多少なりともコストがかかる、などが似ていると思いました。そこで文中の「ミュージシャン」を「プログラマ」に、「音楽」を「プログラム」に、と置き換えて読んでみたらどう感じるだろうと思い試してみたところ、明らかに違和感のある箇所がありました。「コンサートなどで「応援してます。友達からダビングしてもらったテープいつも聞いてます」と言われると複雑な気持ちです。」の部分です。これを読み換えると、例えば「セミナー会場などで、「応援してます。友達からコピーしてもらったプログラムいつも使ってます」と言われると複雑な気持ちです。」のようになるかと思うのですが、オープンソースプログラマとしては「なんで複雑な気持ちなの?」となりますよね。この違いは一体どこから来るのか、と考えてみたのですが、配布コストの差以外の理由を考えつくことができませんでした。なぜセミプロのミュージシャンはお金を欲しがるのですかね。逆に言うと、なぜ趣味のオープンソースプログラマはお金を欲しがらないのですかね。

_ 朝木卓見 (2004-11-10 23:58)

Skirnirさんのお話は「『セミプロ』のミュージシャン」と「『趣味』のオープンソースプログラマ」を比較している点ですでに比較に意味がないです。下手にミュージシャンとプログラマを比較するのは危険です。<br>比較をするなら「『趣味』のミュージシャン」と「『趣味』のオープンソースプログラマ」か、「『セミプロ』のミュージシャン」と「『セミプロ』のオープンソースプログラマ」とでやらなくては。<br>で、対価を得ることが論の中心でしょうからやるなら『セミプロ』同士かな。趣味で音楽をやっていて、ただもしくは実費程度で曲を配っている人は少なくありませんし。<br>対価を得ること考えた場合、嗜好品である音楽はプログラムに比べてサポートなどの周辺から対価を得る方法が少ないことなど作る対象の性質の違いは無視できないでしょう。<br><br>ちなみに、お金をほしがる理由としては、ひとつは音楽だけで生活をしていきたいと考えているミュージシャンが少なくないこと。そして、プログラムの場合は配布元および配布対象の多くがネットにつながっているのに対して、音楽の場合には配布元(特にインディーズ)も配布対象もネットは携帯だけという場合が少なくなく、また、CDがもっとも使い勝手の良い媒体だということもあるでしょう。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]

«前の日記(2004-11-04) 最新 次の日記(2004-11-06)» 編集

track feed Matzにっき Creative Commons License This work is licensed under a Creative Commons License.