«前の日記(2004-08-06) 最新 次の日記(2004-08-08)» 編集

Matzにっき


2004-08-07 Lightweigt Language Weekend 1日目 [長年日記]

_ Language Update

役に立たないメモ。

CL
お掃除ロボ、RoombaはLispで動いている。「やっぱりゴミ集めはLisp」
Curl
発表者は日本語のPerlと韻を踏むアクセントになっていた。 アクセントの転化は日本語特有か。 隣の席の弾さんが「財務が何年もつか」とつぶやいていたのが印象的。
Gauche
Schemeの紹介からはじめるのは不利か。
Groovy
「ぐRuby」「Javaの奇妙な冒険」(爆笑)
Haskell
関数型。lazyな評価。怠け者になる。
Perl
小飼さんは「ぱーる」の発音が英語風。
PHP
ヨーロッパではPythonがPHPについで2位らしい。日本ではPHPだと思うが、なぜ?
Python
「Pythonの紹介」に終始。というのが、現在の日本のPythonのポジションを表現しているような。
Pnuts
Pnuts=言語+API。Groovyとは目標が違う。クラスはJavaに任せる。
Ruby
スライドが出ない。最低。これはもうプレゼンはするな、という啓示か*1
Squeak
Morphic。やっぱデモ向け。アニメーションもサウンドも見栄えがする。

全体にUpdateでない感じ。「Update」と「紹介」は分離したほうがよかったか。

*1  新しいマシンを買え、ということかも

_ 仕事でLL

仕事でLL。なかなか悩ましく、上司の理解がないため、LLが使えないという悲しい話をたくさん聞く。

ちゅーか、私だったら「Rubyで書いた検証プログラムを顧客の無理解から泣く泣く書き換えた」なんて経験をしたら、 速攻転職を検討すると思う。みなさん、忍耐強いよなあ。

結局は「秘密兵器」としてサクセスストーリーを積み重ねるしかない、というのが個人的な結論。

追記。

あ、会場でも違和感があったんだけど、私の発言の「秘密兵器」は「秘密」には重点が置いてなくて、 実際には「すごい兵器」というニュアンスだったのでした。つまり、『黒い秘密兵器』における (誰もが知ってる)「秘密兵器」のような。って、若い人はそんなの知らないぞ。

_ 君ならどう書く

「ls-lRシェル」と「nQueen対戦」。

前者はデザインパターンを強調しているのがちょっと苦しい感じ。 というか、C++中心のGoFとLLはかならずしも相性は良くないよね。 GoFはSmalltalkパターンも解説しているので、こっちはちょっと近いかも。 Rubyは前田くんが健闘。

後者は、NxMの盤面に順にチェスのクイーンを置いていき、

  • 他のクイーンが効いているところに置いてしまった。
  • 時間切れ
  • 投了

のいずれかに陥ったプレイヤーが負け、というルールで、Gauche, Python, Ruby, Squeakのプログラムが対戦する。 Rubyからの刺客はかずひこくん。

第1回戦: 時間切れでPythonの負け

第2回戦: 時間切れでGaucheの負け

第3回戦: 失敗でPythonの負け

第4回戦: 失敗でPHPの負け(PHPはランダムに置くサンプル。ここで脱落)

第5回戦: 時間切れでGaucheの負け

第6回戦: 時間切れでGaucheの負け

ギャラリーからの声によりここから勝ち残り戦

第7回戦: 失敗でGauche脱落

第8回戦: 失敗でPython脱落

第9回戦: サーバが落ちて再試合

第10回戦: 時間切れでRuby脱落(クライアントがエラー)

優勝はSqueak。

GaucheはXML-RPCライブラリから実装したぶん不利だったか。 PythonはLinuxザウルスで動かしていたので、もしかしたらパワー不足だったかも。 Rubyは...なんでエラーが出たんでしょうねえ。

Squeakはあぶなげない、というよりもGaucheとPythonが早々に脱落し、 Rubyとの一騎討ちではRubyが謎のエラーで自滅したので、 あんまり実力発揮というわけではなさそう。

ゲームは盛り上がる(勝ち抜き戦にしてからは特に)が、 ソースコードを鑑賞する時間が取れなかったのは残念だ。

_ 移動

で、終了後(いくつかサインなんかしたりした後)、そうそうに移動。 ほんとは懇親会とか出たかったんだけど、飛行機がなくなるので。

少々あせりつつ移動した結果、ちゃんた間に合った。が、会場にファイルフォルダをふたつ置いてきてしまった。 論文やら発表資料やらが入っているだけで、そんなに貴重なものではないはずだが、 なくなったとなると少々惜しい。だれか見つけて保護してくれないかなあ。

_ 帰宅

なんとかたどりつく。やたら疲れていると思ったら、ゆうべテレビでやってた映画『スコア』を見たからだ。 一度見た映画なのに、つい、最後まで見てしまったなあ。

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]
_ IKeJI (2004-08-07 22:10)

お疲れさまでした。<br>私も、紹介とUpdateは分離した方が面白かったと思います。<br>nQueenは、Rubyが優勝できなくて残念でした(笑)

_ MMX (2004-08-08 11:08)

>ヨーロッパではPythonがPHPについで2位らしい。・・・、なぜ?<br>地の利では、occam 以前から空白字下げ構造化は伝統らしいから。<br>今はXMLのAPI関連で活躍してます。(IBMの記事によく載っています)<br>Rubyの地の利は?最近の言語は、XMLの混ぜ書きとか、コードの外部からの変形機構(アスペクトになど)とかに向っていて、Rubyの志向とは違っているかも。<br>まつもとさんが卒倒しそうな言語、o:XML<br>(XML的にも少し違和感あり) コードの発生とかにXML構文は役に立つか?<br>http://www.xml.com/lpt/a/2004/07/21/oxml.html

_ かずひこ (2004-08-08 13:07)

事務局で預かってくださっていましたので持って帰ります

_ bravo (2004-08-09 00:12)

りなざうが悪かったんではなくて、<br>コードのチューニングが足りなかったみたい...orz

_ おがわ (2004-08-11 14:48)

帰り際のせっぱ詰まったところでRuby本にサインをしてもらった人です。ありがとうございました。飛行機に間に合って良かった... LLWが終わってから夏休みで完全休養モードに入ったので復活するまで時間がかかりました。<br>で、仕事でLLと言う話は若干悲しい話が続きましたが、僕はどっちかというとソフトを発注する側で、社内用のソフトなら若干作るという立場です。その立場から言うとCでもJavaでも発注先の永続性(まぁ10年くらい,無論ここも考えどころですが)があまり期待できないので、ソースは納品して欲しいと言うのはありました。なので、お仕事的には僕は動けばどの環境でもいいのですが、言語の仕様や動作環境をあまり変えなくても動くと言う方がらくちんですね。<br>あとこういう立場なので、社内のネットを使うようなツールを書きまくりましたが、サーバを立てるのは封印されていたので、あくまでクライアントサイドでツールを作る必要があり、OSやOfficeソフトのバージョン管理がされていた環境だったので、VBやVBAを使うことを半ば強要されてました。すでにインストールされているものを使う方が数段楽です。サーバーサイドなら許されている範囲で何を選んでもOKだと思います。その辺の立ち位置の差あるかなぁと思います。<br>ちなみに家の公開しているサーバでは、perlとrubyしか有効にしてないですけれど。(Gaucheをインストールしても面白いかもと今回思いました。)

_ TM (2004-08-13 21:19)

Perl -> Ruby -> jRuby -> gRuby -> groovy.それにしても,「クロス言語開発」って,既に死語かと思ってました.

お名前:
E-mail:
コメント:
[]

«前の日記(2004-08-06) 最新 次の日記(2004-08-08)» 編集

track feed Matzにっき Creative Commons License This work is licensed under a Creative Commons License.