«前の日記(2004-06-23) 最新 次の日記(2004-06-25)» 編集

Matzにっき


2004-06-24 [長年日記]

_ プロコン実行委員会

東京タワー前の機械振興会館にて。同時刻、おごちゃんも同じ建物にいたらしいぞ。

今日は審査基準について話し合う。 できるだけ客観的に、公平になるような基準について。

実際に審査する日が楽しみだ。

_ 出版記念打ち上げ

Rubyレシピブック』と 『[はてな]ではじめるブログ生活』合同出版記念。

出席者は、私、高橋さん、後藤裕蔵さん、青木さん、杉山さん(ソフトバンク編集)、 鈴木芳樹さん、「はてな」の近藤さん、田島さん(インタープログ編集)、椎原さん(ノマディック)。

あんまり関係なさそうな2冊だが、高橋さんと鈴木さんが古くからの知人だということで。

_ 出版記念打ち上げ(続き)

ぐだぐたと話していたが、覚えていることを箇条書き。

  • 田島さんからは『[はてな]ではじめるブログ生活』、『アマゾンで得するショッピング生活』、『オープンソースを理解する』の三冊もいただいた。「こんな本を出したんですけど」と話しながら、鞄から次々と本を取り出し、「よかったら差し上げます」という姿は、今までに知らなかった編集者のタイプかも。でも、編集の鑑とも思った。せっかくいただいたのだから、そのうち書評を書こう。
  • 近藤さんとは新機能の構想やユーザからの要望をどうこなすかについて話した。 結局は、自分の中にある「理想の姿」にどう近づくかということをベースに決めるしかないなあ。 問題はその理想の姿は頭の中にしかない上に、すぐに変化してしまうことだが。
  • [はてな]ではじめるブログ生活』は構想から数ヶ月で出版された。 しかも予定を前倒しで。遅れることが日常茶飯事のソフトバンク組は耳が痛い。
  • 現在のトラックバックは使いにくい。permalinkを出して、そこからping URLをコピーして、 自分のページにペーストするなんて、なんか人間の労力の無駄使い。 bookmarkletもBlogツールによって使えたり、使えなかったり。 ping URLの表示形式を統一するか、HTMLヘッダに埋めこむかすればツールが処理できる。 近藤さんが「はてな」で対応して、たださんを説得してtDiaryも対応すれば、 日本のBlogっぽい分野では十分トレンドを発生できそう。 LL Weekendのネタにするか。
  • 近藤さん、若い、見かけより。普段から自転車で行動しているそうで、今回も自転車で参上。 なんか自分が無駄に年取ってる気がする。
  • 椎原さんと近藤さんとでソーシャルネットワークについて話した。 結局、なんの役に立つのか、ビジネス的なメリットはなにか、などなど話していた。 「アイデンティティが明確な(閉じた)ネットワークに価値があるかも」、 「リンクにより信頼度が測れることの価値とか」などと考察する私と椎原さんに対し、 近藤さんは明解だ。「人が集まることそのものに価値があるんですよ、Mixiなんかマシン数台と人間数人だけしかかかってないし。(スポーツ)実業団とかを思えば全然安いですよ」。...確かに。

などなど。楽しい時間でした。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ Xelloss (2004-06-30 01:35)

人気のあるblogerに本をプレゼントする→その人がblogに本のタイトルを書く→気になって読む人が何人かいる→口コミ拡大という戦略!?

_ miyagawa (2004-06-30 16:54)

Trackback Auto-Discovery という仕様がありますが不十分でしょうか?

お名前:
E-mail:
コメント:
[]

«前の日記(2004-06-23) 最新 次の日記(2004-06-25)» 編集

track feed Matzにっき Creative Commons License This work is licensed under a Creative Commons License.