«前の日記(2004-02-22) 最新 次の日記(2004-02-24)» 編集

Matzにっき


2004-02-23 [長年日記]

_ [OSS]OSD準拠ソフトウェアはオープンソースソフトウェアか

先日(といってもアップロードしたのは今日だが)、 『オープンソースの光と影』という スライドを公開したら、塩崎さんから反論というか批判というかをいただいた。この意見に対して同意はしないが興味深い。

まあ、客観性などという言葉にだまされてはいけないやね。 私は、 オープンソースの客観性 というものは全く認めない。確かに、定義により 「OSD 準拠のソフトウェア = オープンソースソフトウェア」なのかもしれないが、 しかし、オープンソース運動というのが思想的プロパガンダであることを考えると、 機械的に「OSD 準拠のソフトウェア = オープンソースソフトウェア」という定式を適用することは、「OSD 準拠のソフトウェア」 を勝手にオープンソースのプロパガンダに使ってることに等しい。 これが「OSD 準拠」と言うことと、 「オープンソース(ソフトウェア)」と言うことの本質的な違いだと思う。 思想的プロパガンダに利用するようなことを、単に「定義により客観的」だから「開発者の意図とは関係ない」 と言うことが許されるべきなのだろうか。

たとえば、「日本国民 = ほげほげ党員」という定義を考えてみよう。 かなり勝手な定義だが、確かにこの定義は客観的だ。しかし、ほげほげ主義を信じているかどうかに関係なく、 あるいは、実害があるかどうかに関係なく、この勝手な定義およびその客観性という大義名分によって 勝手にほげほげ党員にされたら誰だって嫌だろうし、「日本国民はみんなほげほげ党員です。ほげほげ主義は素晴らしい!」 なんていうプロパガンダをされたら嫌だろう。 要するにそういうことだな。「ほげほげ主義は素晴らしいから許されます!」 とかアホなことを言い出す奴が出ないことを祈る。

まあ、百歩譲って 「OSD 準拠」のものを単に「オープンソース(ソフトウェア)」と呼ぶのが 「悪い」ことなのかどうかはともかく、少なくとも「失礼」なのは確かよね。 オープンソースという言葉の定義を勝手に別の定義で置き換えることを 「失礼」と言う のならば、 勝手にオープンソースという物を定義して、 その勝手な定義にしたがって勝手にオープンソースソフトウェアと呼ぶことの 「失礼」を認識していてもよさそうなものなのだが。 それが認識できていないあたり、独善と言われても仕方がない。

前にも書いた通り、そもそも「オープンソース」という言葉ができる前から 「オープンソースみたいな何か」という文化があったのだけど、「オープンソース」というのは所詮、 その旧来の「オープンソースみたいな何か」 の文化に対する乗っ取りからスタートしてるからしょうがないのかもね。

いっぱい引用したが、肝心の論についてまず述べよう。

OSD準拠のものをオープンソースと呼ぶのは失礼なのか

私は失礼だとは思わない。議論のため、ある定義を満たすものに名前をつけることはよくあることだ。 もちろん「オープンソースみたいな何か」という文化が以前から存在していたのは事実だが、 オープンソース以前には明確な定義もなく、的確な名前もなかったことは 塩崎さん本人がそれを「オープンソースみたいな何か」と呼ばざるをえなかったことから明らかではないだろうか。 明確に名前がないものに名前をつけ、範囲を確定する行為は自然な行為である。

中にはいろいろな理由から「オープンソース」という用語を好まない人はいるだろうが、 あらゆる人の意向を尊重することは事実上不可能であるため、ある程度「しょうがない」だろう。

では、失礼でないとしたら、問題はなにか。 それを考えるために塩崎さんがあげられた「たとえ」について考えてみるのは有効かもしれない。

  • 「日本国民 = ほげほげ党員」という定義を考えてみる
  • 勝手にほげほげ党員にされたら誰だって嫌
  • 「日本国民はみんなほげほげ党員です。ほげほげ主義は素晴らしい!」 なんていうプロパガンダは嫌

うむ、よく出来たたとえに見える。

しかし、「勝手にほげほげ党員にされたら誰だって嫌」なのは、 最初の定義は「日本国民 = ほげほげ党員」でしかないはずなのに、 「党員」という単語の語感によって、本来の「ほげほげ党員」定義に含まれない 「ほげほげ主義に賛同する人」という「別の定義」を導入しているからではないだろうか。 これでは、最初の定義は本当の定義ではないということになる。

最後の「ほげほげ主義は素晴らしい!」についてはもっと論理が破綻している。 「日本国民 = ほげほげ党員」という定義からは 「ほげほげ党員」と「ほげほげ主義」の関連性は引き出せないので、 どう頑張っても「素晴らしい」根拠にはならないはずだからだ。 ここでも暗黙の別の定義が使われている。

語感から本来の定義にないものを導入するのは、やっぱり定義を尊重しない行為だ。 それは少なくとも私のやり方とは真っ向から反対する。 塩崎さんの批判は(定義を尊重しないことを前提にしているので)私にはあてはまらないし、 そういう私の論からそれを引き出すのは、残念であるばかりか、詭弁という印象さえある。

とはいえ、私は塩崎さんが意図して詭弁を使ったとは思っていない。 予想できるのは以下のいずれかだ。

  • 誤解

    オープンソースソフトウェアという名前がオープンソース運動に賛同した作者によるソフトウェアであると誤解している。

  • 危惧

    オープンソースソフトウェアという名前がオープンソース運動に賛同した作者によるソフトウェアであると誤解されると心配している。

いずれにしても、そういうことがないように「定義」をきちんと説明して、 さらに「客観的」という単語を入れたスライドを用意したのだが、 まさにそこがヒットしてしまうとは、なんたる皮肉。

私は、フリーソフトウェアと違ってオープンソースはプロパガンダであるとは思っていない。 むしろフリーソフトウェアという言葉のプロパガンダ臭を嫌忌した人のためのオープンソースだと思っているのだが、 思想や背景がないとまでは言わない。

しかし、オープンソース運動は「(OSD準拠の)オープンソースソフトウェアを活用する運動」であって、 「(OSD準拠の)オープンソースソフトウェアの開発」のことではない。重要なのはここだ。 OSD準拠のソフトウェアを開発しているからといって、オープンソース運動に賛同する必要も必然も存在しない。 オープンソース運動がオープンソースソフトウェアを利用しているのは事実だが、 OSD準拠のライセンスを選んだ時点でそのような利用を許容している(or そのような利用を制限することはあきらめている)とみなされるだろう。

本日のツッコミ(全14件) [ツッコミを入れる]
_ KL (2004-02-24 05:43)

「ソースはオープンにするが派生物の許容という項目には同意できない(がしかしオープンソースという名前で自分たちの成果物を呼びたい)」というような少数派を排除するという意思がhttp://www.rubyist.net/~matz/slides/oss-ntt/mgp00004.jpgの単純明快な箇条書きに読めるので、そういう意味で言うと、本来独占できないはずのopen sourceという言葉の定義をキャッチフレーズとして利用すべく独占しようとしている様が見えて敬遠したくなる人も多いのではないかと思います。<br><br>塩崎さんのオープンソース以前の文化の話(多分昔多かったパブリックドメインのソフトウェアなんかを指してるのではないかと思いますが)に絡めると、open sourceという言葉に関しての歴史修正主義(revisionism)が起こっていると見えてしまうので、open sourceという言葉から多くの意味を演繹するよりは、フリーソフトウェアがGPLに個々の具体的な条項を定めて根拠とするように、何らかの具体的なライセンスを前面に掲げてオープンソースをその結果なり目的なり関係する思想なりとする方が自然で説得的なんじゃないでしょうか。

_ まつもと (2004-02-24 08:03)

おっしゃることが良く理解できないので、解説希望です。>KLさん。<br><br>確かに「OSDを満たさないものはOSSと呼ばないようにしよう」という私の立場はKLさんの言う「少数派」を擁護しないと思います。しかし、擁護しない方が良い理由も示したと思います。

_ まつもと (2004-02-24 08:14)

で、なにがわからないかというと、私の主張のうち何が<br><br>*歴史修正主義<br>*open sourceという言葉から多くの意味を演繹<br><br>であり、具体的にどういう行為がオープンソースという言葉に対する<br><br>*何らかの具体的なライセンスを前面に掲げてオープンソースをその結果なり目的なり関係する思想なりとする<br><br>行為なんでしょう?<br><br>「本来独占できないはずのopen sourceという言葉の定義を...独占しようとしている」という意見への反論は以前にも何度も何度も何度も書いたので省略します。いくら書いても納得できない人は納得できないでしょうし。

_ no name (2004-02-24 13:03)

『「オープンソースみたいな何か」という文化が以前から存在していたのは事実だが、オープンソース以前には明確な定義もなく、的確な名前もなかったことは塩崎さん本人がそれを「オープンソースみたいな何か」と呼ばざるをえなかったことから明らかではないだろうか。明確に名前がないものに名前をつけ、範囲を確定する行為は自然な行為である。』<br><br>これは詭弁だと思うがいかがな物か

_ まつもと (2004-02-24 14:26)

私にはその意図はありませんでした。<br>どうして詭弁だと思いましたか?

_ OSSer (2004-02-24 16:00)

詭弁というより明らかな論理破綻ですね。<br>自己矛盾してるし。

_ まつもと (2004-02-24 16:11)

もったいつけないでどこが論理破綻で自己矛盾だかはっきり教えてくださいよ。別に論理破綻も自己矛盾も望んでいないので。

_ yoosee (2004-02-24 19:45)

塩崎さん:   オープンソース ⊂ OSD準拠のソフト<br>まつもとさん: オープンソース := OSD準拠のソフト<br><br>と言うのが両者の記述から読み取れる立脚点かなと思うんですが、いかがでしょうか。<br><br>「オープンソースと呼称される物はOSD定義を満たす」は真で構わないと思うのですが、「OSD定義条件をたまたま満たすソフトを書いているけど、オープンソース(と言う思想を含むもの)とは呼んで欲しくない」と言う、逆が真になっていない(して欲しくない)場合があると言う事ではないかと思います。<br><br>> OSD準拠のソフトウェアを開発しているからといって、オープンソース運動に賛同する必要も必然も存在しない。<br><br>なのであれば、OSD準拠したソフトを開発している場合でも「オープンソースと呼ばれない自由」も残っているべきではないかなと。少なくとも開発者がそう主張できる程度には。<br><br>(開発者ではなく)利用者の側から見ればまつもとさんの定義の方が分かり易いですが、利用者が本当に気にするべきなのは「オープンソースかどうか」ではなく「OSD準拠かどうか」ですよね。ですので「Aはオープンソース∴AはOSD準拠」は真であるべきでしょう。しかし逆の必然性はあまり無いような気がします。<br>「OSD準拠」を広めるために一般ユーザに分かり易い言葉として「オープンソース」を使うと云うのは、オープンソースの広報者にとっては便利な手段ではあると思いますけど。

_ ひろし (2004-02-24 20:47)

自分には<br><br>塩崎さん: オープンソース ∩ OSD準拠のソフト != φ<br><br>と言ってるのかなーということしか読み取れませんでした。<br>議論をするにあたって、まつもとさんのように定義を明確に決めた上で話を進めることは絶対に必要と思います。<br>塩崎さんはその定義があまりにもまつもとさん有利になる定義だと言ってるように見えますね。そうなのかなあ。<br>たいてい「議論」なんてものは言葉の定義を明確にしないせいで泥沼になったりするもんだから、キーとなる言葉の定義は必要だと思います。キーとなる言葉の定義もしないうえに、「皆様ご承知のとおり」的姿勢で話を進めたらまともな議論になりません。(そういうのが多すぎてこの手の議論は辟易することが多すぎます。「オブジェクト指向」に関する議論なんかその最たる例。)<br>少なくとも「オープンソースみたいな何か」なんて言われても、その当時を生きてない人、経験してない人はなにがなんだかわかりません。「みたいな何か」を理解できてそれで十分と思う人は、そういう立場にとどまってもらってもぜんぜんかまわないかなあ。自分はできないので、明確な定義のあるほうを応援しますが。

_ 別人だが (2004-02-24 23:08)

>もったいつけないでどこが論理破綻で自己矛盾だかはっきり教えてくださいよ<br>>>明確に名前がないものに名前をつけ、範囲を確定する行為は自然な行為である。<br><br>あなたが「オープンソース」として勝手に名前を付けて勝手に範囲を確定しているものも、あなたが「失礼な俺定義の『オープンソース』」と呼称しているものと同類の「俺様定義」でしかない、と言われているのが解りませんか?

_ no name (2004-02-24 23:16)

後付で申し訳ないがこちらも自由に時間があるわけではないので<br>「オープンソースみたいな何か」を塩崎君が「フリーソフト」と書かなかったことを「呼ばざるを得なかった」として議論しているのは違和感を感じる。この辺りの展開は不自然だと思う。<br>「フリーソフト」という単語はここを読む人ならほとんどの人は知っているだろう。何故そう書かなかったのか(本人の回答は既にあるが書いてあることが全てであると考えるほど私は素直ではない)。<br>まつもとさんが気が付かなかった可能性もあるが私はそう思いたくない。

_ jzkey (2004-02-25 15:28)

「おまえらがオープンソースなんて定義を勝手に作って、GPLをその定義に含めるのは、まー勝手にやってろ。<br>けどFSFのソフトは断じてFreeSoftと呼べって。オープンソースの定義に括られるからってオープンソースソフトなんて呼んでるんじゃねー。FreeSoftをOpenSourceSoftと呼んで宣伝するなんて歴史の捏造じゃねーか。」by rms(このセリフ自体捏造やけど..)みたいなものか。

_ τ森 (2004-02-26 12:49)

植物をその性質から「被子植物」と「裸子植物」に分類したり、社会の仕組みをその性質から「共産主義」「資本主義」「修正資本主義」等と分類したりっていう行為は科学では非常に普通だと思いますねえ。<br>オープンソースの場合は相手が人間であることと、その分類に思想が絡んでることが今回問題なってるんでしょうけど。<br>また、カテゴライズは対象のある面を捉えやすくする一方、ある面を認識から捨ててしまうこともあります。

_ Yoshi (2005-04-01 12:46)

オープンソースは、フリーソフト(フリーは自由)運動の思想や倫理という面をかたること避けるために生まれてきたものと理解しています。一連の議論を理解していませんが、オープンソースを語るより自由について語る方が将来のためになるのでは?著作権は、隣人を助けることを禁止するものとして、間違って適用されている云々に感動した野は私です。

お名前:
E-mail:
コメント:
[]

«前の日記(2004-02-22) 最新 次の日記(2004-02-24)» 編集

track feed Matzにっき Creative Commons License This work is licensed under a Creative Commons License.