«前の日記(2003-10-27) 最新 次の日記(2003-10-29)» 編集

Matzにっき


2003-10-28 [長年日記]

_ 具合が悪い

昨日よりはマシ。体の痛みも首と肩だけになった。これは肩凝りか。 いやだなあ、老化するって。

自宅で作業することにする。現行の修正とRubyのバグとり。preview1は出せなかった。

_ [特許]software patent ML

しばらく音沙汰がなかったsoftware patent MLにまたメールが流れるようになった。 松田さんの「現実的な対応」についても理解が浸透してきたようだ。

私も何通かメールを書いたけど、今ふりかえるとなんだかとんちんかんなことも書いている。

現時点での私の考えをまとめると

  • 現時点で無料で有効に使える唯一の武器は 各国におけるソフトウェア特許に対する基準の違いだけのような気がする。
  • アメリカが何でもありなのに対して、日本はソフトウェア特許は合法だがより厳しく、 ヨーロッパは(最近まで?)ソフトウェア特許は成立していなかった。
  • つまり、まずい特許が成立して紛争が発生した(or しそうな)国ではソフトウェアの配布を中止して、 その国以外では(特許による制約が無いので)自由に開発を行うということ。
  • ただし、MP3のような日米欧ぜんぶで成立したような特許からは逃げられない。 でも、もしかしたら、アジアとかアフリカとかで開発できるかも。
  • 逃げられない場合には(いまのところ)期限切れまで待つか、oggのような別手段を開発するしかない。 しかたがない。
  • オープンソースの社会的プレゼンスが向上すれば、 (SCOのような紛争をいくつか経験した後)アンチパテント的圧力が成立するかもしれない。 かなり希望的観測だけど。

これでアメリカで「日本やヨーロッパが活用しているソフトがうちでは使えないのは特許のせいだ」 というケースが数多く見られるようになれば、世間の味方も変わるかも、という考え。 当然アメリカ政府は「うちと同様の基準を導入しろ」との圧力をかけるだろうから、 各国の政治がどう動くかにかかっていることになる。 自分で書いてても甘すぎるような気がするけど、希望ゼロではないと信じたい。

これと、松田さんの提案である「インターネット公知」と「危険な特許データベース」を組み合わせたものが、 オープンソース(フリーソフトウェア)界のできる精一杯かなあ。

追記

「オープンソース(フリーソフトウェア)界のできる精一杯」は正確には 「特許を持たないオープンソース(フリーソフトウェア)開発者のできる精一杯」と した方が良さそうです。

本日のツッコミ(全10件) [ツッコミを入れる]
_ office (2003-10-30 01:13)

どうも不思議に思うことなんですが、オープンソース(フリーソフトウェア)界というのは参画する人々を初めから決め打ちしていて、外からは受け入れない方向なんでしょうか?

_ まつもと (2003-10-30 01:30)

officeさんのおっしゃることがよくわかりません。<br>なにか「外からは受け入れない方向」を示すなにかがありましたか。<br>もしかしたら私たちが無意識に作ってしまっている壁があるのかもしれません。が、それはおそらく無用の壁でしょうから、壊すためにもまず自覚する必要があると思います。具体的に指摘してくださると喜びます。

_ office (2003-10-30 02:04)

「オープンソース(フリーソフトウェア)界のできる精一杯」ってのは、勝手に設けた壁から来てませんか?例えば現在、凄い特許を含むソフトウェア開発のグループが、「自由」な利用を望んだとしても、今のオープンソース(フリーソフトウェア)界はただ拒絶しているだけに見えます。

_ office (2003-10-30 02:07)

あ、もちろん「自由」を望んでいても「タダ」にしたいとは限りません。

_ まつもと (2003-10-30 02:18)

あ、そうか。「精一杯」というのは「(特許を)持たざるもの」からの発言でしかない以上、それをオープンソース界とひとくくりにしてしまうと、「特許持っている人は仲間に入れないよ」という印象を与えてしまうということですかね。<br>それは考えませんでした。まわりにいるのはみんな「持たざるもの」なもので。壁と言うよりも想像力の欠如ですな。

_ 松田陽一 (2003-10-30 07:14)

それは例えば、 SCO に対して IBM が特許4件の侵害で反訴を仕掛けた際に、<br>RMS が過剰反応したことを含んでたりしませんか?>officeさめ

_ office (2003-10-30 14:56)

えーっと。RMSの反応は確かにがっかりしましたが、今回は特にそれを意識していません。<br><br>(私の立場上)かなりやばい領域に近づいてきていますが、<br>http://www.office.ac/tearoom/noframe.cgi#No.1596<br>にリストした記事を「ジャンケン」だとか思わずに読んで頂きたいです。<br><br>つまりですね。オープンソースに引き込みたい超ドデカイ何かがあって私は藻掻きまくっているたのですが。だーれも反応しねぇし、現場でも問題点がわかっているのは最も下っ端の私だけで孤軍奮闘だし、相手は超強大だし……。<br><br>逃がした魚はデカイというか、あまりのもったいなさに泣けてきます。(まだ一応終わってないけど敗色濃厚)

_ 松田陽一 (2003-10-31 12:34)

んー、その「超ドデカイ何か」って、具体的にはなんですか?<br>「相手」ってどこの誰なんですか?

_ office (2003-11-01 09:26)

守らなければならない秘密に抵触しかねないのでそれは言えません。つか、(松田さんは私の仕事を知ってるのに)公の場で聞くかよそれを :-)

_ 松田陽一 (2003-11-02 08:43)

ああ、了解です。失礼しました。<br>うまく表現し難いんですね。<br>実施権レフトに関しては、今一つ考えがまとまらないんで<br>新たな考えが浮かぶ迄は暫くROMに終止します。(__)

お名前:
E-mail:
コメント:
[]

«前の日記(2003-10-27) 最新 次の日記(2003-10-29)» 編集

track feed Matzにっき Creative Commons License This work is licensed under a Creative Commons License.