«前の日(12-13) 最新 次の日(12-15)» 追記

Matzにっき


2003-12-14

_ [教会]岡山

今年最後の岡山での会議。久しぶりに自分で運転した。

朝は結構冷え込んでいて、米子道では凍結した橋の上でスリップ事故があった。 私の車もまだタイヤを履きかえてなかったので、 事故車を見かけなかったら派手にスリップしてたかも。くわばらくわばら。

今度晴れたらタイヤ換えよう。

[]

2004-12-14

_ 誤解

先日の日記に「体調が悪い」などと書いた。 日付は11日だが、実際に書いたのは14日の午前中であった。

たまたまこの日は都合があって出社が遅くなったのだが*1、 このエントリを読んだ同僚は、「ああ、まつもとは体調が悪いんだ。きっと休みなんだろう」と思ったという。実際は体調が悪いのは土曜の夜には回復してたんだけど。

すんません。これからはちゃんと遅れずに日記を付けます。

*1  いや、実際には「いつものように」遅くなったのだが

_ The Complete History of the Internet

えーと、ハッカーやらプログラミングやらの歴史。 なかなか興味深い。

[1994 Dec] The first alpha version of Ruby is released by Yukihiro "Matz" Matsumoto.

というエントリがあるのが嬉しい。

このリストにエントリされている言語は

  • Flow-Matic programming language
  • COBOL
  • BASIC
  • C
  • Perl
  • Python
  • Java
  • Ruby
  • C#

後、名前だけ登場しているのが

  • Pascal
  • Scheme
  • Tcl

FortranとかLispとかが全く登場しないってところが偏ってるっていうかなんというか。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ Kiyoshi [『The Complete History of the Internet』を早速読みましたが、喜んでばかりはいられ..]

_ まつもと [そんなに対抗意識を燃やさなくても。 もっと楽に生きてもいいんじゃないですかね。 あえて宿題に答えるとすると ..]

[]

2005-12-14

_ タイヤ交換

スノータイヤがあまりにもすり減っていたので交換した。

ちょっと出費。

_ ぶつけた

で、帰り道、車をぶつけてしまった。またまたキズが付いちゃった。 さらに出費だなあ。

_ [Ruby] Ruby on Rails v 1.0 released!

1.0リリースおめでとう。どこもリリースエンジニアリングは大変ですな。

なお、1.8.4は計画通り12月24日(日本時間)リリース予定です。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ Matz Jr. [娘です。こんな名前だけど・・・。 いいよね。一応まつもとなわけだし・・・。 読んでくれてますか?? 車ぶつけたんだ・..]

_ かずひこ [↑私にも感想聞かせて〜♪]

_ KENN [いまどき売っているのはスノータイヤじゃなくてスタッドレスタイヤだと思います。 まぁ、スタッドレスタイヤはスノータイ..]

[]

2006-12-14

_ [Ruby] 取材

ITmediaに載せるということで取材を受ける。 写真のためということで、わざわざ松江まで来てくださる。

日経、朝日、と続いて最近取材が続いている。

日経ITpro, ラジオ, で今度のITmediaだ。 なんだか露出が多くて恥ずかしい。

お昼は蕎麦。鴨南蛮と割子蕎麦でおいしい思いをした。 風穴さんも満足げだ。

_ [言語] POPL

1月17日から19日まで、フランスのニースで開かれる ACMのプログラミング言語に関するカンファレンス。

行きたいなあ。

Wednesday, 17 January 2007

Invited Keynote: 9:00 - 10:00

Perl 6: Reconciling the Irreconcilable
Audrey Tang

Session 1: 10:20 - 11:20

Operational Semantics for Multi-Language Programs
Jacob Matthews and Robert Bruce Findler

Semantics of Static Pointcuts in AspectJ
Pavel Avgustinov, Elnar Hajiyev, Neil Ongkingco, Oege de Moor, Damien Sereni, Julian Tibble, Mathieu Verbaere

A Typed Intermediate Language for Compiling Multiple Inheritance
Juan Chen

Session 2: 11:30 - 12:30

Cork: Dynamic Memory Leak Detection for Garbage-Collected Languages
Maria Jump and Kathryn S McKinley

Dynamic Heap Type Inference for Program Understanding and Debugging
Marina Polishchuk, Ben Liblit, and Chloe W. Schulze

Compositional Dynamic Test Generation
Patrice Godefroid

Locality Approximation Using Time
Xipeng Shen, Jonathan Shaw, Brian Meeker, Chen Ding

Session 3: 14:00 - 15:15

Modular Type Classes
Derek Dreyer, Robert Harper, and Manuel M.T. Chakravarty

First-Class Nonstandard Interpretations by Opening Closures
Jeffrey Mark Siskind and Barak A. Pearlmutter

PADS/ML: A Functional Data Description Language
Yitzhak Mandelbaum, Kathleen Fisher, David Walker, Mary Fernandez, and Artem Gleyzer

Generative Unbinding of Names
Andrew M Pitts and Mark R Shinwell

Session 4: 15:45 - 17:15

Types, Bytes, and Separation Logic
Gerwin Klein, Harvey Tuch, Michael Norrish

A Very Modal Model of a Modern, Major, General Type System
Andrew W. Appel, Paul-Andre Mellies, Christopher D. Richards, Jerome Vouillon

Context Logic as Modal Logic: Completeness and Parametric Inexpressivity
Cristiano Calcagno, Philippa Gardner, Uri Zarfaty

Thursday, 18 January 2007

Invited Keynote: 9:00 - 10:00

From Implementation to Theory in Product Synthesis
Don Batory

Session 5: 10:20 - 11:30

Scrap your boilerplate with XPath-like combinators
Ralf Lammel

Lightweight Fusion by Fixed Point Promotion
Atsushi Ohori , Isao Sasano

Lazy Multivariate Higher-Order Forward-Mode AD
Barak A. Pearlmutter and Jeffrey Mark Siskind

Session 6: 11:30 - 12:30

A Complete, Co-Inductive Syntactic Theory of Sequential Control and State
Kristian Stoevring and Soren B. Lassen

Towards a Mechanized Metatheory of Standard ML
Daniel K. Lee, Karl Crary, Robert Harper

Session 7: 14:00 - 15:30

Logic-Flow Analysis of Higher-Order Programs
Matthew Might

Extracting Queries by Static Analysis of Transparent Persistence
Ben Wiedermann and William R. Cook

Variance analyses from invariance analyses
Josh Berdine, Aziem Chawdhary, Byron Cook, Dino Distefano, Peter O'Hearn

Session 8: 16:00 - 17:30

Assessing security threats of looping constructs
Pasquale Malacaria

JavaScript Instrumentation for Browser Security
Dachuan Yu, Ajay Chander, Nayeem Islam, and Igor Serikov

Secure Implementations of Typed Channel Abstractions
Michele Bugliesi and Marco Giunti

Friday, 19 January 2007

Invited Keynote: 9:00 - 10:00

Advanced Programming Languages in Enterprise Software: A lambda-calculus theorist wanders into an enterprise datacenter
Chet Murthy

Session 9: 10:20 - 11:20

Proving That Programs Eventually Do Something Good
Byron Cook, Alexey Gotsman, Andreas Podelski, Andrey Rybalchenko, Moshe Vardi

Program Verification as Probabilistic Inference
Sumit Gulwani and Nebojsa Jojic

Session 10: 11:30 - 12:30

Lock Allocation
Michael Emmi, Jeffrey Fischer, Ranjit Jhala, Rupak Majumdar

Modular Verification of a Non-Blocking Stack
Matthew Parkinson, Richard Bornat and Peter O'Hearn

On the Analysis of Interacting Pushdown Systems
Vineet Kahlon and Aarti Gupta

Session 11: 14:00 - 15:30

Specialization of CML message-passing primitives
John Reppy, Yingqi Xiao

Conditional Must Not Aliasing for Static Race Detection
Mayur Naik and Alex Aiken

Interprocedural Analysis of Asynchronous Programs
Ranjit Jhala, Rupak Majumdar

Session 12: 16:00 - 17:30

Preferential Path Profiling: Compactly Numbering Interesting Paths
Kapil Vaswani, Aditya V. Nori, Trishul M. Chilimbi

Geometry of Synthesis: A structured approach to VLSI design
Dan Ghica

A Semantics-Based Approach to Malware Detection
Mila Dalla Preda, Mihai Christodorescu, Somesh Jha, Saumya Debray

しかたない、Proceedingsを待つか。いつ来るかなあ。

_ [言語] プログラミング言語ヒエラルキー

言語間でお互いにどう見ているかの階層。

「わかるわかる」というものもあれば、 「それは違うんじゃない」というものもある。

ところで、外から見たRubyプログラマへの印象ってのは

Rubyプログラマはどのプログラミング言語利用者よりも自分たちが上だと考えているが、 Webプログラミング言語以外が存在していることを知らないのでPerlよりも上にした。

という感じなんだろうか。実際は、私の周辺では 「Webプログラミング言語以外が存在していることを知らない」人なんてのは 少数派なんだけど。私の周辺は特異点である可能性が高いしな。

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]

_ ささだ [Webプログラミング言語ってなんでしょうか。Webアプリケーション構築用のプログラミング言語って意味かなぁ。]

_ まつもと [たぶんね > Webプログラミング言語]

_ 高橋清文 [「行きたいなあ−」は、「行きます!!」発言にはなりませんか。わたしは、Rubyがあらゆる世界言語カンファレンスには、..]

_ 凡人 [どなたか、Geekな人に尤も好まれている言語をご存知でしょうか? Geekな人のType別に教えていただければ、すご..]

_ まつもと [どうやって調べたらいいんだろう > 尤も好まれている言語 客観的な調査はどうやったらいいのか分かりませんが、私の周..]

_ 凡人 [まつもと様、 >Rubyは...いろいろですね。とっつきやすいだけにGeek濃度はLispより低い? というのは、な..]

[]

2007-12-14

_ [OSS] 日本の技術者によるOSSの貢献が少ない理由 - WebStudio

「忙しすぎるから」。

確かに、私が大学卒業して最初に就職した会社では、 夜の3時を過ぎると徹夜勤になって次の日が休みになってしまうから、 その直前にタイムカードを押す、という同僚がいたよなあ。

あと、一ヶ月の超過勤務が200時間とか。 普通に1ヶ月勤務が(8時間×20日働いて)160時間なのに、 残業の方が多いとはどういうことかと。

そこまでして仕事しないといけない状態では 確かにオープンソースソフトウェアに貢献なんて考えられない。 っていうか、仕事以外の私生活は存在できないんじゃないだろうか。

オープンソースへの貢献がどうこういう前に 「生活の質」を向上させる方がずっと先のような気がしてきた。

私は帰る時には帰ってしまうし、 有給消化も積極的なヒトだったので、 あんまり長時間勤務というのは経験がない。

その辺もRubyを作れた原因のひとつかもしれない。

運がよかったというよりも、当然の権利を主張しただけだと 思ってるけど。

_ [Ruby] 福山

講演会の依頼で福山へ。 松江駅から岡山経由で。

駅を出たら目の前が福山城でびっくりした。 こんなに駅に近い城は他にないのではないか。

その後、1時間半ほど講演する。

出席した人は70人ほどか。 思ったよりもスーツ率が高く、 ちょっと内容が技術よりすぎたか。

質疑も少なく、もしかしたら外したかもしれない。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ ひろのぶ [長年、日本のソフトウェア産業ってやっていることは派遣業そのもの。典型的な労働集約的産業なので、そこで自発的にクリエイ..]

_ ecomi [オープンソースでソフトを書いても、日本人的精神のせいなのか、自分から積極的に宣伝できなくて消えていくプロジェクトが多..]

_ lopes [私は松本さんの名前を見て申し込みました。とても面白かったです。考えがそのままプログラミングにというところに興味をもち..]

[]

«前の日(12-13) 最新 次の日(12-15)» 追記

track feed Matzにっき Creative Commons License This work is licensed under a Creative Commons License.