«前の日(11-09) 最新 次の日(11-11)» 追記

Matzにっき


2003-11-10

_ 日付のミス

11日のこのエントリは本来はこの日のぶんです。

[]

2004-11-10

_ 被災者を支える、地元ケーブルテレビの死闘

感動した。行動する人は、口ばっかりの(私のような)人よりも尊い。

[]

2005-11-10

_ [原稿] 日経バイト

一日書いても書き終わらない。私が語る動的言語って、ネタとしては面白いと思うのだが、 分量がねえ。そんなこんなで全然ハックしてないぞ。禁断症状が...。

_ わんこ原稿

夕食どきに、原稿の〆切が立て続けで、という話をしてたら 次女が「わんこ原稿だね」と言う。

一瞬、意味が分からず「わんこ?」という顔してたら、 「ほら、わんこ蕎麦みたいにどんどんくるんでしょ」だってさ。

確かに。ほいほい引き受けるからこういうことになるんで、 「もうお腹いっぱいです」と椀の蓋を閉めれば良いのか。

いや、暇な時は結構暇なんだから(今月はなさそうだけど)、 問題は引き受けちゃうことよりも、計画的に書けないことだろうなあ。

_ 高感度デジカメの時代がやってくるか - FinePix F10 & Z1

少々古い記事だが、我が意を得たり、という感じ。

xDカードで300円増しくらいでUSBアダプタが付いているものも売っているし、 もうF10でいいかなって気にもなっている。 やっぱり暗いところでもはっきり取れるのは魅力的だし、 他の機種に比べてノイズも少なそう。

問題は既に三台もデジカメ並べているのに、もう一台買うことに家人が納得するかどうかだ。

_ Star Wreck: In the Pirkinning

慣れないBitTorrentでダウンロード。結構速いなあ。

素人がこれだけの映像を作ってしまうという事実にまず驚愕。 原稿の〆切日だというのにこんなのを見ている自分にさらに驚愕。

映像はともかく、お話は素人レベルであった。でも、それはそれ、なのかもしれない。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ かずひこ [もう F11 が出ましたよ。店頭でちょっと試したけどよさげでした。 http://fujifilm.jp/perso..]

_ まつもと [だからF10なんですよ。性能的にほとんど変わらないようなので型落ちで安いのでいいかな、と。]

[]

2006-11-10

_ DS Lite

松江のヤマダ電機で売ってた。

やはり、人が少ないところの方が有利なのか。

_ [原稿] 日経Linux 2007年1月号

なんか、Railsの近くを旋回しているような(前回はMVC)連載だが、 さらに同じような傾向で、今回は「オープンクラス」について。

Lispの経験があれば、わりと自然なのだと思うけど、 Javaスクール出身者にしてみれば、 トンでもないことなのかもしれない。

で、オープンクラスのメリットとデメリットについていろいろ。 特にActiveSupportがどんなに「スゴイこと」してるのかについて。 この「スゴイ」は、いい意味も悪い意味も両方ね。

っていうか、このオープンクラスもなにか手当てを考えたい領域ではある。 2.0(3.0?)では、クラスボックスかなにかでもうちょっとなんとかしたい。

本日のツッコミ(全10件) [ツッコミを入れる]

_ ささだ [いいなぁDS.]

_  [ついでにPS3も手に入れて、バリバリ並列演算するRubyもこさえてください。]

_ m2n [『前4日分』、頁のおしりに(も)あるとウレシイです。]

_ みずしま [最近はJava界隈でもAspectJとかオープンクラスな言語が 知られて来ているので、そんなにトンでもではない気がし..]

_ dai [オープンクラスって何ですか? 一般的な語呂すぎて、ググってもノイズ多くて。]

_ まつもと [後から定義が追加できるクラスのことです。 C#のpartial classにちょっと似てるかも。もっと原始的ですが。]

_ dai [なるほど。 ruby だと extend とか、c++ でも template <class BASE> class..]

_ まつもと [RubyのextendもC++のテンプレートも、オリジナルが変化しないでオープンクラスとは呼ばないと思います。 ただ..]

_ dai [すいません、C# 調べるのサボったせいで早とちりしちゃいました。 パーシャルクラスは、クラス定義を分離して書ける機能..]

_ to dai [いうなればオープンクラスは元のクラスを書き換えることです。拡張して別のクラスを作ることではありません。 したがってC..]

[]

«前の日(11-09) 最新 次の日(11-11)» 追記

track feed Matzにっき Creative Commons License This work is licensed under a Creative Commons License.