«前の日(09-11) 最新 次の日(09-13)» 追記

Matzにっき


2003-09-12

_ [原稿]〆切

レポートひとつ完成。しかし、googleしたネタを切り張りしたような内容で少々恥ずかしい。 雑誌原稿はまだ半分。もうひとつは手つかず。

なんとかなるのか。あせるわりには進まない。

_ [生活]温泉

キリキリしたからといって仕事が進むわけじゃない、時間よりも発想の問題なんだから、 と自分に言い聞かせ、温泉に入ることにする。なんだか久しぶり。

しかし、タオルやら着替えやらを自宅に忘れてくるというおおぼけぶりを発揮し、 抜けていることをまたもや家人に露呈してしまった。6才児に「しょーがないなあ」と言われるのは 屈辱感がある。

[]

2004-09-12

_ [教会]岡山

会議。夕べちょっと夜更かししたので、会議中ついうとうとと。すいません、またやりました。 もう、しません。本当です、そのつもりです。前回もそう思ったけど。

帰りの車の中にまたPHSを忘れました。すいません、またやりました。 もう、しません。本当です、そのつもりです。前回もそう思ったけど。

えー、こうして図らずも、 まつもとが迂闊(うかつ)を絵に描いたような人間であることを証明してしまいました、とさ。

[]

2005-09-12

_ [原稿] 日経Linux 11月号

書けない...。ほんとに間に合うのか。

...と、ここも読んでる編集者を不安にさせるようなことを書いていいのか?

_ 新しいソフトウェアの創造を - IPA「未踏ソフトウェア創業事業」成果報告会

成果発表。ずっこけたのはここ。

こうなると今後の発展に期待がかかるが、高橋氏は「OSの動作検証など初期の目的は達成できた」ことに加え、既に自身の就職が決まっていること、 Microsoft自身が「Singularity OS」として似たようなプロジェクトを推進していることなどの理由から、今後の開発継続には消極的な姿勢を示した。オープンソース化についても「一般的なアプリと異なり、OSカーネルはオープンソースにしたからといって開発者が集まるわけでもない」と高橋氏は否定的。せっかくの新しいアーキテクチャのOS だけに、高橋氏が動けないなら誰か開発を引き継ぐ人間が現れると面白いのだが……。

ちゅーかだな、税金を注ぎ込んでおいてだな、 「初期の目的は達成できた」といって放り投げ、オープンソースにもしないってのは どういう了見かと。 彼の「初期の目的」がなんだか知らないが。

もっとも私も未踏の成果を考えると偉そうには言えないが、 少なくともオープンにはしている。

追記

MYCOMの記事に反して開発者は開発停止の意向はないとの情報あり。

上記の記事は、一般論として「未踏の成果を投げ出すくらいなら、自由なライセンスを付けて公開してほしい」という主張とします。高橋氏が「投げ出す」意図がないなら上記の主張の対象ではなくなります。

_ [Ruby] Ruby CVSリポジトリ、デッドロック

ここ数日開発者用CVSリポジトリへのチェックインがたびたびハングする。 どうもversion.hを更新しようとしてデッドロックしているようだ。 リポジトリのあるサーバにログインして手動でロックファイルを削除すると(危険だが)処理が進んだりする。

ebanさんは別に何も変更していないってのにおかしいな。

でも、日ごとに悪化しているような気がする。 一昨日までは数回に一度のハングが、いまや毎回になっている。 だんだん耐えられないレベルになってきた。

いまどきCVSを使っているのが悪いという説もあるが、 これだけ歴史があるとなかなか移行できないものもある。

本日のツッコミ(全9件) [ツッコミを入れる]

_ naruse [opencvs.org のような別実装がでてきてはいますが、これはもうしばらくかかるようですね、、、]

_ yoosaki [高橋氏に対する意見、同感です。 せっかくおもしろい実装が出来たのだから、みんなでいじり倒して欲しいくらい言って欲しい..]

_ suntzu [まつもとさんにしては割と辛辣な表現をされているので、 ここ経由でこれから社会にでる若い高橋氏が一様な印象を 持たれる..]

_ まつもと [同じ放置するでも自由なライセンスをつけて放置してほしいというだけです。 投げちゃいかんとか、面倒を見るべきだとかいう..]

_ 通りすがり [> ここ経由でこれから社会にでる若い高橋氏が一様な印象を > 持たれるなは少し気の毒な気がします。 単なる価値観..]

_ suntzu [なるほど、納得です。もし私が彼の立場なら、子供のころ 近所のオッサンに怒られたようなレベルではなくイカズチを受けたよ..]

_ 野次馬 [真相は、本人は止める気無いけど記者が勘違いして行き過ぎたって話らしい。まあとっとと止めてソース公開しろって言う人もい..]

_ まつもと [「本人は止める気ない」というのは有用な情報です。提供感謝します。 いずれにしても自由なライセンスになることを期待した..]

_ 名無しさん [http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/os/1105442577/l50 によると作者は..]

[]

2006-09-12

_ [原稿] 日経Linux 2006年11月号

先日も書いた通り、今回のテーマは「HTTP+CGI」。

過去にも何度も書いたことのあるテーマなので、 難しさはそれほどでもない。ただ、まったく同じ文章になってしまいがちなのが 難点だ。さすがにおんなじ文章じゃ、読者に申し訳ない。

あと、生のHTTPやCGIは技術として古いので、 文章が古臭い印象があるのも否めない。 同じく古い技術でも、全然古さを感じさせないものもあるのにな。 たとえば、高階関数とか型とか。

やっぱ、数学にルーツがあるものは強いか。

_ Quilt

Quiltはスタック型のパッチマネージャである。

たとえば中央リポジトリにあるソースコードをローカルにコピーして、 手元で変更を行うとする。それらの変更を塊ごとにパッチとして管理し、 積み重ねておくことができる。

「この変更はやっぱりやめた」という時はパッチをポップすればよい。 また気が変わったらあらためてプッシュする。

中央リポジトリの状態に合わせるためには、以下の手順を行えばよい。

  • スタックに積んであるすべてのパッチをポップする
  • 「cvs update」などでローカルコピーをアップデート
  • あらためてパッチをプッシュする。矛盾があれば解消
  • 必要に応じてパッチを中央リポジトリにチェックイン

これで、ネットワークが切り離されても、 作業単位ごとに変更を管理できる。以前考えていたネットワーク独立型開発にもぴったり(元々その目的で開発された)。

ところがQuiltにも欠点がある。 それはこれから編集するファイルをあらかじめ宣言する(quilt add)必要がある点だ。 Quiltは非常に原始的な(全部shで書いてある)システムで、基本的な原理は オリジナルを別の場所にとっておいて、必要に応じてdiffをとるだけだ。 また、パッチを作る時にもあらかじめ「これからパッチを作る」と 宣言(quilt new)しなければならない。

いずれにしても「あらかじめ」というのがキーワードである。 私のような頭よりも手が先に動くことがあるタイプにはあまり向かない。 そもそもバージョン管理システムそのものが「あ、まずかった」と思った時に巻き戻せる ことを目的としているので、このような「あらかじめ」を要求するのは望ましくない。

そこでちょっと調べてみるとEmacsのQuiltサポート(quilt.el)というものがある。 これはQuiltが管理するディレクトリでは、それを検出してファイルを自動的にread onlyにしてくれるものだ。quilt addしないと編集できないから、ついうっかり失敗ということがない。

これなら使えるかな...、と思ったが

  • パッチ作成宣言はやっぱり「あらかじめ」行う必要がある
  • メールで届いたパッチの適用がしょうしょう面倒(これはquilt.elで検出できない)

うーん、もうちょっと考えてみよう。 GITの上にQuilt相当を実現するStGITというのもあるらしいから、それも調べてみないとな。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

_ 向井 [darcs を使えばふつうに全部実現できそうな気がするのですがどうでしょうか。 何か勘違いをしているのかもしれません..]

_ まつもと [darcsでも、中央リポジトリがCVSで双方向にやりとりすることはできなかったように思ったのですが、私の間違いでした..]

_ 向井 [ああなるほど、cvsとのやりとりは全く念頭にありませんでした。失礼しました。]

_ dancerj [Debian で使っている dpatch のような操作体系が素直かも知れませんね。dpatch-edit-patch..]

[]

2007-09-12

_ 取材

今日だけで二件も取材を受ける。なんだか有名人になったみたい。

_ [言語] Logix

Pythonの文法を自由に再定義できるようにした新言語。 またはPythonバイトコードを吐くマクロ処理系。

が、1分で分かる紹介を 読んでもあんまりうれしい気がしないのはなぜだろう。

_ [言語] Redick - J in Scheme

APLの後継であるJの機能をSchemeで提供するという試み。

Jの配列演算ははまれば非常に生産性が高いのだが、 なにぶん演算子が難しい。JはASCIIで表現できるので オリジナルAPLよりはマシなのかもしれないが、 それでもまだつらい。

Redickについては、ユーザガイドを 読む限りでは(少なくともAPIは)見て覚えられるようなもののようだ。 そのぶん、簡潔さは失っているんだけど、write-only languageになるよりは 良いことなんじゃないだろうか。

SchemeでできるということはRubyでもできるということだよね。 誰か挑戦してみないかなあ。

_ ActionBox

GTD(Getting Thing Done)を実践するためのツール。

世の中にはGTDといいつつ単なるToDo管理ツールでしかないものは 数多くあるのだが、こちらは

  • 思いつくものを頭が空っぽになるまで書き出す(collect)
  • それを分類する(process)
  • 組織化する(organize)
  • タスクとする(task)
  • 完了(done)

という「ちゃんとした」GTDの手順にのっとっている。

私自身はGTDを身に付けてないので使いこなす自信は無いが、 自分の生産性をあげるためには有効なツールのような気がする。

actionboxはエントリ作成に重心が置かれていて、 その点は優秀なので、今後はタスクを眺めて「次のアクション」を見つける機能や、 リマインダ機能が充実するとよいんだろうな。 あまりそっちに重点を置きすぎると世にあるToDoツールとの差別化が難しくなるかもしれないけど。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ こくぼ [ActionBoxの紹介ありがとうございます^^ (みんなが尊敬する)Matzさんにお試しいただいて、まさか日記で紹..]

[]

2008-09-12

_ [Ruby] OSC2008しまね (対談)Ruby コミュニティとビジネスと地域の架け橋に

OSC2008しまねで、EC-One(またはRuby Business Commons)の最首さんと対談。

基本的にRubyKaigiでの対談と同じ線、と思っていたのだが、 結局はその場のノリで全然違う話になったな。

最首さんは大変話が上手なので、こちらは合いの手を入れるだけで 対談が進むのでありがたい。オープンソース、協調、リアルとバーチャルのコミュニケーション、 地域(地方)の振興などのテーマで話した。

その後、一日中OSCの会場にいたのだが、 内職で原稿は書かないといけないし、帰国してからの「突発性眠くなる病」はあいかわらずだし、 パネルでは「まつもとさんが寝てる」とか言う人がいるし(恥ずかしい)、 なんかいろいろだった。

懇親会は、安来節の公演があったりしてびっくりした。 OSCで市長やら知事やらが来ちゃうってのも普通じゃないよね。

_ ANAプラチナ

今年は気をつけてANAに乗るようにしていたら、 マイレージクラブのグレードがプラチナになった。 これでスターアライアンスでもラウンジに入れる。

今後は来年もサファイアが維持できるようにJALに乗るようにするかな。

高い年会費を払ってカードを作ると特権が維持できるのだが、 その価値があるのかないのか。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

_ ehara@oita [すいません。ついつい、寝てるなんて言ってしまいました。 本当は、こんなすごい人と気さくに話せることがOSSの 良いと..]

_ まつもと [いや、実際、寝てたのは事実だし、「突発性眠くなる症候群」は帰国後だからというわけでなく、いつものことなんで、別に構わ..]

_ wakatono [ラウンジを使えることに価値を見出せるのであれば、いわゆるJGCなりSFCなりのメンバシップを取得する(=カードの会費..]

_ まつもと [ラウンジについては、いまんとこカードに入らなくてもサファイア(JAL)やプラチナ(ANA)持ってますからねえ。 どん..]

[]

«前の日(09-11) 最新 次の日(09-13)» 追記

track feed Matzにっき Creative Commons License This work is licensed under a Creative Commons License.